【片思い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

love
  1. 片思い男子あるある!恋してる男子あるある
    1. 片思い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!
    2. 片思い男子あるある2・相手の目を見て話せない
    3. 片思い男子あるある3・ついついカッコつけがち
    4. 片思い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)
    5. 片思い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる
    6. 片思い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする
    7. 片思い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する
    8. 片思い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする
    9. 片思い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える
    10. 片思い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す
    11. 片思い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう
    12. 片思い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう
    13. 片思い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする
    14. 片思い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう
    15. 片思い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする
  2. 片思いってつらい・・・。片思い男子の辛かったエピソードあるある
    1. 辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・
    2. 辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・
    3. 辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・
    4. 辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・
    5. 辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む
    6. 辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む
    7. 辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む
  3. 片思いが辛いときの対処法・新しい出会いに目を向ける
    1. 対処法1・趣味やサークルに積極的にでかける
    2. 対処法2・マッチングアプリで気になる女性を見つける
    3. 対処法3・内面や外見を磨く
  4. 片思い男子あるある・片思いの辛いエピソードまとめ

片思い男子あるある!恋してる男子あるある

片思い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

片思い中に大好きな女性と話ができると、それだけで世界一の幸せ者の様な気持ちになるものです。

帰宅してからも、何度もその会話が脳内再生され、数日間ハッピーな気持ちで満たされます。

しかし、人間はとても欲深い生き物で、数日もすれば再び「また話をしたい」と感じてしまいます。

幸福感は次第に下がっていき、再び片思いの辛さを抱えながら過ごしていかなければならないのです。

しかし、片思いの女性と話す機会なんて、そうそう訪れません。

せっかく話ができそうな場面でも、タイミングが合わなかったり、ジャマが入ったりします。

うまく行かずに失敗してしまうと、その反動のダメージが大きく残るのも片思いあるあるですよね。

片思い男子あるある2・相手の目を見て話せない

女友達とはまったく意識せずに話ができるのに、好きな人の前だとまったくうまく話せないというのも、片思い男子あるあるの1つでしょう。

話ができないどころか、目を見ることすらできないので、明らかに不自然な対応となってしまいます。

相手の女性はその不自然な対応で以下の3つの感情のどちらかになる可能性が高いと言えます。

①もしかして私のこと好きなのかな?

②もしかして私のこと嫌いなのかな?

③もしかして女性と話すのが苦手なのかな?

この中であれば、③の感情になってくれれば大きな影響はありませんが、もしも②の感情になってしまったならば、悪い状況に変化してしまう可能性があります。

誤解されたまま、「私のことあまり好きじゃないみたいだから近くに寄るのやめておこう」と物理的に距離を置かれてしまう可能性があるのです。

男性からすると、「この前上手く喋れなかったから嫌われたかな」と違った受け止め方をしてしまい、こんがらがった関係性が続いてしまうでしょう。

また、①の感情になった場合は、その後の対応が2パターンに別れるでしょう。

もしも男性に対してそれなりの好印象を持っている場合には、目を見て話せなかった好意を好意的に受け止め、その後も気さくに話しかけてくれる可能性が高まります。

しかし、あまり男性としての魅力を感じていないケースでは、「仲良くしたら告白されるかもしれない」と感じ、距離を取られるようになってしまうかもしれません。

片思い男子あるある3・ついついカッコつけがち

「好きな人にカッコいい所を見てほしい」

男性としてそうしてしまうのはある意味仕方のないことであると言えます。

一緒の空間にいるだけでも胸がドキドキしてしまうので、間をおいてゆっくりと話をしたり、ユニークな会話を心掛けたりする余裕はまったくないはずです。

唯一考えられることは、「少しでも良く思われたい」といったことでしょう。

それゆえに、「カッコつけたい」といった明確な意思ではなく、「余裕がないからカッコつけてしまった」といったケースが多いかもしれません。

その日の夜にそのことを思い返して、「なんであんなにカッコつけてしまったんだ」と恥ずかしくなってしまう男子がほとんどかもしれません。

また、会話の部分以外でも、ついカッコつけたくなってしまうのが片思いの男子の特徴です。

服を買いに行っても、普段着ているような服ではなく、いつもより若干カッコつけた服を購入してしまう傾向にあります。

他にも、髪型を流行のヘアスタイルにしたり、髪色を染めたりといったこともしがちです。

片思い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

前述した洋服や髪型などもそうですが、片思いをしている時は自分を大きく見せようとする傾向にあります。

あまり得意ではないのに、「あーそれできるよ」と言ってみたり、あまり詳しくないのに「それ知ってる」と言ってみたりするのです。

それが片思いの女子にバレなければ問題ありませんが、そういった誇張した態度を見せた時に限ってそれを実践しなければならないシチュエーションになるものです。

「まずい、できるって言っちゃったからやらざるを得ない」と誇張したことを後悔するはずですが、一度言ってしまった以上取り消すことはできません。

上手くはぐらかすことができれば良いのですが、できると言ったにもかかわらずできないといい瞬間をその女性に見られてしまえば、「信用できない人」と思われてしまいます。

自分を大きく見せようとしたくなる気持ちはわかりますが、ネガティブな印象を与えてしまう可能性があるので、控えるようにしましょう。

片思い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

大好きな女性が他の男と話をしている所を見てしまうと、どうしても嫉妬心が芽生えてしまいますよね。

特に学生の片思いでは、毎日彼女の周囲にもたくさんの男子がいる状況となるので、嫉妬心が毎日のように湧き上がってしまいます。

彼氏ではないので、他の男子と話をするのを拒むことはできませんし、もしも嫉妬心を態度に出してしまえば好きということがバレてしまうので、気持ちを抑え続けなければなりません。

嫉妬した状態で1日を過ごすのは、精神衛生上あまり良くないので、なるべく自分の趣味などに集中して、違うことを考えるようにしましょう。

「片思いのままだから嫉妬してしまうんだ」と浅はかな考えで告白してしまうと、最悪の結末となってしまいます。

告白する際にはできる限り相手空の好感度を上げてから行うべきなので、勢いで告白することだけはやめましょう。(必ず後悔します)

片思い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

片思い中は、いかに2人きりの瞬間を作れるかが重要ですよね。

2人になるチャンスはそれほど多いわけではありませんが、やはり関係性を深めるには最も効果的なシチュエーションです。

デートに誘って2人きりになるのは現実的に難しいですが、学校や会社などで何かの用事の際に偶然を装って2人きりになることは、意識してチャンスをうかがっていれば何度かあるものです。

共通の話題を見つけることができれば、意外と2人きりになれるチャンスが増えていくはずです。

好きなアーティストなどが共通していれば、2人きりでも緊張なくその話で盛り上がれます。

「グッズやライブの話などをしたいからちょっと会わない?」といったように自然と2人きりになることができるはずです。

片思い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

好きな人のことは何でも知りたいと思うのは自然なことですよね。

好きな物や好きなアーティスト、アイドル、スポーツ、映画、本、漫画など、少しでも多く知ることができれば、それだけ会話のチャンスも増え、共通点を見出せる可能性も高まります。

相手の女性から好きな物事を聞き出せると、それだけでテンションが上がってしまいますが、調子に乗って何度も質問を繰り返してはいけません。

好きであることがバレてしまえば、必要以上に警戒されてしまう可能性もありますし、「質問ばかりしてきてちょっとうっとうしい」と思わせてしまう可能性もあります。

しつこくならないことを意識して、例えば「質問は1週間に1回」といったように自分の中でルールを決めておくようにしましょう。

片思いは短期決戦ではなく長期戦なので、ゆっくりと相手の女性の情報を集めるようにしましょう。

片思い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

もしも片思いの女性と友人関係になれているのであれば、LINEをすることも可能かもしれません。

好きであることを悟られないように気を付けながらLINEをしなければなりませんが、ごくまれにハートマークの入った絵文字やスタンプが送られてくることもあるかもしれません。

片思いしている男子にとっては好きな女性からのハートは特別な物ですが、相手の女性からするとそれほど深い理由がないケースもあるので注意が必要です。

もしもそのハートマークを真に受けて変なことを口走ってしまたり、デートに誘ってしまったりすると、「え?そういうつもりでハートを送ったんじゃないんだけど」と引かれてしまう可能性が高まります。

異性の友人にハートマークを送ることもそれほど珍しくない時代なので、「異性の友人として少し仲良くなれたかな」という程度に捉えておくべきだと言えるでしょう。

ハードマークではなく、「うれしい」「いつもありがとうね」「頼りになるね」といった言葉も同様に友人としての関係性が深まっただけである可能性が高いので、勘違いしないように気を付けましょう。

男性として好意を持ち始めている場合には、もっと分かりやすいサインが出るはずなので、そういったサインを感じられるまでは、あまり動かない方が良いと言えるでしょう。

片思い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

片思いをしている女子とLINEをしていると、それだけで幸せな気持ちになりますよね。

電話をして声が聞けたならば、さらに大きな幸福感に包まれるはずです。

最初の内は用事があった時にLINEをしたり、電話をしたりする程度であるものの、その幸福感から何度も連絡をしてしまう人もいます。

確実に友人として親しくなて来ているのであれば、多少LINEの頻度が高くなっても問題はありません。

しかし、それほど関係性が深まっていないのにLINEの頻度を高めてしまうと、印象が悪くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

あくまでも友人であり、彼氏の様な頻度でLINEや電話をするのは良くないことを自覚しましょう。

片思い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

他の友人へのLINEはすぐさま作成して送るにもかかわらず、片思いをしている女性に送るLINEだけは何度も見返して、修正を加えるなど慎重に送るのもあるあるの1つですよね。

これは基本的にとても良いことであると言えるでしょう。

気持ちが先走って変な内容のLINEを送ってしまうよりは、何度も見返して嫌悪感を抱かれるようなLINEになっていないかをチェックすることはとても良いことです。

ただし、相手の女性に好意を持ってもらうといった視点で考えると、あまりにLINEを送るのに時間をかけすぎてしまうのも良くないと言えるかもしれません。

心理学では、ミラー効果といった言葉があります。

これは、相手と同じ言動や行動、仕草を行うことで親近感が増し、好印象を持ってもらえるといった心理効果です。

実はこのミラー効果は、LINEにも活用できます。

相手の送る文面の長さや使っている絵文字、スタンプなどをさりげなく真似ることで、好印象を持ってもらいやすくなるのです。(真似しすぎはNG)

そして、「LINEの返信スピード」も相手と同じようなスピードにするとよいとされています。

すなわち、もしも相手の女性がLINEの返信スピードが早めであった場合には、じっくりとLINEを送る前に文面を何度も見返している間に時間が経ってしまい、相手のスピードと異なってしまう可能性があるのです。

テンポよくLINEが続くことで女性側が無意識に心地良さを感じるにもかかわらず、遅らせてしまうことでそのチャンスを逃してしまうかもしれないのです。

そういった意味では、もしも相手の女性がLINEの返信スピードが早めだった場合は、あまり考え込み過ぎずに店舗を大事にする必要があると言えるでしょう。

片思い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

片思いの相手との恋愛を成就させるためには、情報がとても重要なのは確かです。

相手の好きなことや嫌いなこと、興味を持っていることなどを事前に知ることができれば、その情報をきっかけにして仲良くなれるかもしれません。

特に「好きなタイプの男性」を聞き出すことができれば、そのタイプに自分を寄せることでチャンスが広がるはずです。

「ねえねえ、○○さんはどんなタイプの男性が好きなの?」と直接聞いてしまうのも、片思い男子のあるあるだと言えます。

しかし、これは、「僕はあなたのことを異性として興味を持っています」と自白しているようなものです。

恋愛の話になっていて、他の友人が好きなタイプを話しているタイミングでさりげなく「○○さんはどんな男性がタイプなの?」と聞くのであれば問題ありませんが、前置きもなくいきなり聞くのはやめておいた方が良いと言えるでしょう。

片思い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

多くの片思いをしている男子の悩みが、「告白をしたい、でももし振られたらどうしよう」というものです。

断られて友人に戻ることもできないのであれば、リスクを負わずに友人関係を続けた方が良いと判断する人はとても多いはずです。

しかし、告白せずに友人関係を続けてしまうことは、好きという気持ちをずっと隠し続けなければならないことを意味します。

片思いしたことがある人であればわかるかと思いますが、その辛さはかなり大きく、仕事や勉強、プライベートにも悪い影響が出てしまうほどです。

もしも何年も片思いを続ける場合には、心が壊れてしまわぬようにうまくコントロールする方法を身に付けなければならないと言えるでしょう。

勇気を出せず告白をしないで友人関係を続けたことで、他の男子が告白してしまい彼氏になるといったケースも考えられます。

片思い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

これも片思い男子ならば確実に行う妄想ですよね。

「もしもあの子と付き合ったならば」と頭の中で妄想し、ニヤニヤしてしまう瞬間が誰にでもあるはずです。

しかし、これは意外とポジティブな影響をもたらす可能性が高いと言えます。

なぜならば、「イメージトレーニングになるから」です。

前述したように、好きな女子が目の前にいると、緊張して上手く喋れないケースもあるかと思います。

しかしう、妄想であってもその女子とデートをしたり、会話をしたりすることで、免疫が少しずつ付くはずです。

「あの子は○○が好きだからその話をしよう」といったように、何度も脳内でシミュレーションができます。

その都度ドキドキしてしまいますが、確実に少しずつ慣れてくることでしょう。

想像してドキドキすることで幸福感も感じられますし、日常生活に支障がない程度に妄想するのは問題ないと言えるでしょう。

片思い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

片思いの女性と接する中で、「あれ?この態度は異性として見てくれているということかな?」といったように、相手の考えが分からなくなることがかなり多くなるはずです。

自宅に帰ってからもそのことを悶々と考えてしまい、眠れないなんてこともあるかもしれません。

そんな状態の時にやりがちなのが、「女心が分からず女友達に相談してしまう」という行為です。

これは、信頼のできる女友達であれば非常に有効な手段となります。

女心は女性に聞くのが一番ですし、普段から仲良くしている女友達であれば、きっと良いアドバイスをしてくれるはずです。

しかし、相談するのは誰でも良いというわけではありません。

もしも口の軽い女友達に相談をすると、そこから情報が漏れてしまい、相手の女性に好きということが伝わってしまう可能性もあります。

また、あまり恋愛経験がない女友達に相談するのも避けた方が良いでしょう。

的確なアドバイスがもらえない可能性が高いばかりか、見当違いなアドバイスによって悪影響が出てしまう可能性もあるからです。

片思い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片思いしている時に、「勉強や仕事へのモチベーションがアップする」といった男子もいます。

これは、恋をすることで生活に張りが出ることが要因として考えられます。

特に情熱を傾けることがない生活よりも、ドキドキ感を感じている片思い中の方が、「生きてる感じ」がするのです。

・仕事で結果を出して良い所を見せたい

・勉強を頑張って頭の良い人だと思われたい

そんな感情を持っている人もいるかもしれません。

決してマイナスになるようなことではないので、そのモチベーションはできるだけ高く保っていきましょう。

片思いってつらい・・・。片思い男子の辛かったエピソードあるある

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

ここからは、少し違った視点で片思いを男子について考えてみましょう。

意外と多いエピソードとしては、「好きな男の相談をされる」といったことがあります。

好きな女性と普段から友人関係でいる男子に非常に多いシチュエーションです。

片思いは、いつまでも告白できずに長期化するケースがとても多いですよね。

中には3年、4年とかなり長期間片思いを続けている男子もいるのではないでしょうか?

恋愛適齢期の女性がそういった期間に1つも恋愛をしないということはあまりありませんよね。

少なくても1度や2度は良い感じの男性が現れて、恋愛に発展する(もしくはしそうになる)ことがあるはずです。

男友達として側にいると、「ちょっと相談があるんだけど」と相談を持ち掛けられることもあります。

自分も知っている男性が気になっていて、その人の誕生日が近いことから、「どんな誕生日プレゼントを渡したら良いのか?」と相談をされるのです。

この時点でもうすでに辛いシチュエーションですが、「男の人の趣味ってわからないから一緒に買い物ついて来てくれる?」と頼まれてしまいます。

「付き合っているわけじゃないからあんまり高価なプレゼントはあげない方がいいよね」

「付けてほしいアクセサリーがいいかな?それとも似合いそうなアクセサリーがいいかな?」

このように、目の前で片思いしている好きな女性が好きな男性のことを考えながら嬉しそうにプレゼントを選んでいる(さらにアドバイスを求めてくる)というのは、まさに地獄ですよね。

これが単純なショッピングであれば、これほど嬉しいことはありませんが、好きな男性のプレゼントを選ぶというのはかなり精神的にきついものです。

また、プレゼントだけでなく、「どうやって関係を深めればいいかな?」と相談されたりするのも、辛いシチュエーションだと言えます。

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

相手の女性から異性として見られていないと、必死にアピールしてもまったく気が付いてもらえないといったケースもあります。

普段から友人関係として接していたり、仲の良い同僚として接していたりすると、異性として認識されていないこともあるものです。

例えば誕生日に高価なプレゼントを挙げたり、デートに誘ったりしても、単純に大事な友達(大事な同僚)だから優しくしてくれるといった捉え方をしてしまいます。

こういったケースでは、真剣な表情で「今度話があるんだけど」と言って、真面目なシチュエーションで告白しないと、なかなかその想いが伝わらない可能性が高いと言えるでしょう。

また、残念ながら異性として見られていないケースでは、告白しても成功する確率はかなり低くなってしまうでしょう。

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

急に相手の態度が変わった・・

片思いしている女性に距離を置かれてしまうのも、以外に多い辛いシチュエーションです。

何かあったのかな、もしかして、彼氏ができたんじゃ・・

そんな風に片思い中の男性は、悩みにハマり、頭から離れなくなってしまいます。

たしかに、何かしらアピールしたことで嫌悪感を感じてしまったか、それとも好きであることがバレて、その気がないので距離を置いたといったパターンが考えられます。

一度このような状況になると、仲を深めることはかなり難しく、元の関係に戻すことくらいが精一杯かもしれません。

でも、ほとんどのケースは、男性のせいではありません。

仕事や家庭、自身の健康問題、精神的な状態など、女性側の個人的な問題があり、いつもとは違う様子に見えてしまうようです。

しかし、その様子が男性にとっては、自分がミスをしたという大きな問題に捉えてしまうのです。

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

仲の良い友達ではなく、「同じ学校」や「同じ会社」といった大きな共通点しかない場合、相手の女性のプライベートな部分まで良く知らないといったケースもありますよね。

勝手にフリーであると思っていたものの、実は彼氏持ちだったと知ってしまうケースもあります。

思い込みする方が悪いのですが、それでもその落差の大きさによってかなりショックを受けてしまうものです。

片思いの女性に彼氏がいて、そこに分け入って奪おうとするなんて、よほどメンタルが強い人でない限り、神経が持たないでしょう。

もう、こうなった場合はスッパリ諦めて、次の恋を探すほうが賢明です。

いかにして早く諦め、立ち直るかに全集中していきたいものです。

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

片思いの女性とようやくLINEを交換することができ、関係性を少しずつ深めていこうと意気込むものの、いきなりLINEを既読スルーされてしまうといったケースもあります。

1度ならず2度、3度と既読スルーされてしまうと、さすがに精神的に大きなショックを受けてしまうでしょう。

「LINEを交換してこれから仲良くなれるかもしれない」と思いテンションが上がった後に既読スルーで気分を落とされてしまうので、その落差によって精神的にかなり辛くなってしまうはずです。

かとい言って、こちらから何度もしつこく送り続けるのは、1番のNG行動です。

既読スルーされている時点で、成功する可能性はかなり低い恋だと自覚して、引き際を考える時期なのかもしれません。

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

これもLINEを使っているとあるあるな状況です。

LINEの返信はあるものの、そのリアクションが想像以上に薄いものだと、ショックを受けてしまいますよね。

まだ関係性が出来上がっていない異性といきなり親しくLINEができるわけではないので、普通に考えれば当然なのですが、LINEを交換するとどうしても期待してしまうものです。

短文だけならまだわからなくもないですが、スタンプのみのリアクションが続くと、相手の気持ちがないことを考えたほうがよさそうです。

特にスタンプのみの場合は、もうLINEしたくないと意思表示されていると受け入れましょう。

相手の気持ちを読み取って、こちらからは送らず、相手から来るのを待ったり、事務的なメッセージで関係を保ったりして、地道に少しずつ好感度を上げていき、仲良くLNEができる状態を目指していくしか方法はないと言えるでしょう。

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

自分が恋人ではなく友人の中の1人であることは理解しているものの、直接好きな女性から異性として見ていないことを示す言葉を掛けられると、かなりショックを受けてしまうものです。

もし、片思いの女性に、自分に対して少しでも気持ちがあるのであれば、「そんなこと言わないでしょ」といった一言は出ないはずです。

こちらの気持ちを少しでも気付いている部分があれば、言葉も選んで使います。

ありがちなシチュエーションとしては、2人でいる時に関係性の浅い人が会話に加わり、「2人は付き合ってたりするの?」といった質問をしてくるケースがありますよね。

その時に、「いやいや、そんなこと絶対ないですよ」と彼女が全力で否定しているのを聞くと、かなり悲しくなってしまうものです。

その言い方が、明らかに「友達以下だよ」と感じる言い方であれば、いくら努力してもこの先、良い結果に結びつく可能性は低いです。

そこから一発逆転を狙うのもいいですが、その先にある辛い思いに耐えられる自信がなければ、次の恋を探したほうがいいかもしれません。

片思いが辛いときの対処法・新しい出会いに目を向ける

対処法1・趣味やサークルに積極的にでかける

片思いの期間が続いて辛くなってきてしまった時には、「趣味やサークルに積極的にでかける」といった行動をしてみましょう。

マイナスの感情が続いてしまうと、人間は負のループに陥り、なかなか抜け出せなくなってしまうものです。

夜遅くの時間帯はどうしても1人の時間になるので、相手の女性のことを考えやすくなってしまいます。

それゆえに、学校や会社が終わった後から夜にかけての時間帯は、違うことを考えるように工夫をすべきです。

趣味やサークルであれば、気軽に行うことができますし、楽しさを味わうことができるので、思考を好きな女性から一時的でも離すことができるはずです。

対処法2・マッチングアプリで気になる女性を見つける

「この片思いは成就する可能性があまり高くないな」と感じているならば、「マッチングアプリ」を利用して新しく出会いを探してみるのもおすすめです。

好きな彼女のことを想い続けるのは辛すぎるので、他の女性と仲良くなる手段を見つければ、一時的でも精神的に楽になるはずです。

また、近年のマッチングアプリは利用者も多く、相性の良い異性をマッチングできる確率も高いので、意外と新たに気になる異性ができる可能性もあります。

その女性と上手くいくのも幸せになれますし、もしもダメになってしまったとしても、その期間は片思いの女性から意識が外れているので、辛差を紛らわすことができるのです。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面

対処法3・内面や外見を磨く

片思いをしている期間にただ振り向いてくれるのを待つだけではなく、内面や外見を磨きながら待つといったスタンスでいるのもおすすめです。

自分磨きをしている間は意識が彼女から離れますし、チャンスの時に内面や外見が少しでも良くなっていれば、恋が成就する可能性も高まります。

女性に対する接し方を本や動画で学んでみるのも良いですし、何かにチャレンジして精神的な強さを磨くのも良いでしょう。

また、外見磨きであれば、ダイエットと筋トレを習慣化して細マッチョを目指すのも「あり」です。

他にも、ファッション誌を何冊か購入してトレンドの服装を学んだり、美容院でカッコよく見える髪型にして、毎日ヘアセットに時間を掛けてみるのもGOODです。

片思い男子あるある・片思いの辛いエピソードまとめ

片思いと言っても、人によって様々なシチュエーションがあるものです。

片思いには、それぞれのドラマがあり、良い経験ばかりでなく、むしろ辛い思い出のほうが多いかもしれません。

両想いでない以上は、大抵の場合は辛さが大きくなってしまいますが、それでも必ずチャンスは訪れるはずと信じて耐えていきましょう。

片思いの辛く苦しい経験が、人間として成長させてくれることも大いにありますし、さらには新しい人間関係を見つけて、そこでもっと自分に合った出会いがあるかもしれません。

もちろん、片思いの女性とハッピーエンドが1番かもしれませんが、そうはなかなか上手く行かないのが現実です。

世の中には自分と同じ片思いで悩む男子が多くいると考えれば、少しは気が楽になるのではないでしょうか?

ぜひ諦めずに、可能な限り想い続けましょう。

関連ページ:【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

関連ページ:【片想いを成就する方法】片想いの恋が両想いに!恋愛を叶える方法

関連ページ:【片想いが辛い】片想いが辛い・苦しいの対処法/好きな人がいるけどどうすればいい?

関連ページ:【片思い女子あるある】恋愛の胸キュンに思わず共感!好きな人あるある

タイトルとURLをコピーしました