【片想いが辛い】片想いが辛い・苦しいの対処法/好きな人がいるけどどうすればいい?

love
  1. 片想いが辛い・苦しいのはどうして?原因について
    1. 片想いが辛い原因1・相手の気持ちを確かめることができないから
      1. 相手の気持ちが分からないとネガティブな気持ちを抱きがち
    2. 片想いが辛い原因2・好きな気持ちに捕らわれてしまうから
      1. 捕らわれる時間が長いほど辛い気持ちになる
    3. 片想いが辛い原因3・告白をすることで今の関係性が壊れる可能性があるから
      1. 友達に戻ることもできなくなる可能性がある
    4. 片想いが辛い原因4・相手の反応に一喜一憂してしまうから
      1. 相手の口調や態度で喜んだり悲しんだりと疲れてしまう
    5. 片想いが辛い原因4・相手が異性と楽しそうにすることに嫉妬してしまうから
      1. だれかと楽しそうにしていると気になって仕方がない
    6. 片想いが辛い原因5・自分が認められないような自己嫌悪に陥るから
      1. 相手から好かれないのは自分が悪い(顔・学歴・性格など)からだと思い込む
    7. 片想いが辛い原因6・他人と自分を比較してしまうから
      1. 自己嫌悪から他人と自分を比較して落ち込んでしまう
  2. 片想いが辛い・苦しいの対処法/好きなひとがいるけどどうすればいい?
    1. 片想いが辛いときの対処法1・距離を置く
      1. 相手のSNS(Twitter・Instagram・Facebook)は一切見ない
      2. 相手の連絡先(SNS・電話番号など)は消去する
      3. 相手に会う機会をなるべく減らす
      4. 相手の思い出の品(写真など)は捨てる
    2. 片想いが辛いときの対処法2・相談をする(誰かと一緒にいてもらう)
      1. 辛い思いを吐き出すと楽になる
      2. 1人で考え込むと悪い方向に考えてしまう!誰かと一緒に過ごしましょう
    3. 片想いが辛いときの対処法3・泣く!(映画や音楽などで思いっきり泣く)
      1. 思い切り泣くとすっきりする!映画や音楽などで思いっきり泣きましょう
      2. 辛い気持ちをひたすら紙に書く!書くことですっきりする
    4. 片想いが辛いときの対処法4・趣味など没頭できるものを探す
      1. 興味のあることに挑戦しましょう!新しい体験をすることで気持ちがリフレッシュする
    5. 片想いが辛いの対処法5・思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)
      1. 思い切り汗をかくことで気持ちがすっきりする
    6. 片想いが辛いの対処法6・雄大な自然を満喫する(旅行など)
      1. 雄大な自然を見ると悩みなんてどうでもよいと感じる
      2. 旅行に行くと気分が一新する
    7. 片想いが辛いの対処法7・思い切って告白する
      1. 相手の気持ちを聞きましょう!
      2. 辛い片想いを吹っ切るには新しい出会いも大切
    8. 片想いが辛いの対処法8・他の異性との出会いを大切にする
      1. あなたに関心・好意を持ってくれる異性との出会いも大切です
  3. 諦めたほうがいい片想いもある!?諦めなくてもいい片想いとは?
    1. 諦めた方がいい片想い1・相手にパートナーがいる場合
      1. 相手に恋人がいる・既婚者の場合は諦めましょう
    2. 諦めた方がいい片想い2・相手からの連絡や誘いが全くない場合
      1. あなたに好意・関心があれば相手から連絡や誘いがあるはずです
    3. 諦めた方がいい片想い3・2人きりで会おうとしてくれない場合(あなたへの好意がない)
      1. 好意のない相手とは2人きりで会うことはしません
    4. 諦めなくてもいい片想い1・相手に特定のパートナーがいない場合
      1. 相手のパートナーがいない場合はチャンスがあります
    5. 諦めなくてもいい片想い2・相手から連絡や誘いがある場合
      1. 好意・関心のない相手に連絡や誘いはしません
    6. 諦めなくてもいい片想い3・2人だけで会ってくれる場合
      1. 2人で会おうとするのは好意・関心がある証拠
    7. 諦めなくてもいい片思い4・あなたに相談をしたり弱いところを見せている場合
      1. 嫌いな相手に相談したり弱みを見せることはありません
  4. 片想いの人は要注意!嫌われる行動を紹介します
    1. 注意点1・1日に何回も電話やLINEをする
      1. しつこい相手は嫌われる
    2. 注意点2・断られても何度も誘う
      1. 相手から誘ってくるのを待ちましょう
    3. 注意点3・2人きりで会うことに拘る
      1. グループで会って2人の距離を縮めていきましょう
    4. 注意点4・相手に気を使いすぎる(自分らしさを見失う)
      1. 気を使われすぎると疲れてしまいます
  5. 片想いが辛い・苦しいの対処法についてまとめ

片想いが辛い・苦しいのはどうして?原因について

片想いが辛い原因

1・相手の気持ちを確かめることができないから

2・好きな気持ちに捕らわれてしまうから

3・告白をすることで今の関係性が壊れる可能性があるから

4・相手の反応に一喜一憂してしまうから

5・自分が認められないような自己嫌悪に陥るから

6・他人と自分を比較してしまうから

片想いが辛い原因1・相手の気持ちを確かめることができないから

相手の気持ちが分からないとネガティブな気持ちを抱きがち

なぜ多くの人が恋愛で苦しむのかと言えば、「相手の気持ちが分からないから」です。

分からないという感情は、ネガティブな感情を呼び起こしてしまい、辛さの原因となってしまいます。

しかし、誰かを好きになることは素敵なことです。

でも、片想いの場合には、特に相手と関わる時間が短く、わからない時間が長時間に続くため、ネガティブな感情を抱きがちです。

「きっといつか恋人になれる日が来るはず」とポジティブに考えられれば良いのですが、一度ネガティブな感情を抱いてしまうと負のループからなかなか抜け出すのは難しいものです。

「もう他に好きな人がいるんじゃないか」「きっと私のことなんて何とも思ってない」「今日、話しててもつまらなさそうだったな、まさか嫌われちゃったかな」など、相手の気持ちが分からないがゆえに、どうしようもない気持ちになってしまうのが片想いなのです。

片想いが辛い原因2・好きな気持ちに捕らわれてしまうから

捕らわれる時間が長いほど辛い気持ちになる

片思いと通常の恋愛では、その幸福度に大きな違いがあります。

一般的な恋愛であれば、日常的に幸福度が高い状態が続き、たまに喧嘩などをして辛い気持ちになる程度です。

しかし、片思いの場合には、「想いが通じていない」といった状態が長期間続いていくので、常に辛い感情に支配されてしまうのです。

結ばれない恋愛だからこそ、より思いが強くなっていくというのもよくある話。

負の感情に捕らわれる時間が長くなれば長くなるほど、辛い感情は増えていってしまいます。

この思いは、何か行動を起こさない限り、いつまでも消えることはないでしょう。

片想いが辛い原因3・告白をすることで今の関係性が壊れる可能性があるから

友達に戻ることもできなくなる可能性がある

片思いが長期化すると、多くの人が「思い切って告白しちゃおうかな」と思うものです。

しかし、「もしも告白に失敗したら友達に戻ることもできなくなってしまう」といった感情が脳裏をよぎり、結局告白ができないといった人も多いはずです。

こちらが思い続けていても、相手の恋愛対象にまったく入っていない可能性だってあります。

「告白してスッキリしたい」という感情と「失敗して友達に戻れなくなるならこのままの関係でも」といった感情の間で揺れ、辛さが倍増してしまうのです。

実際には、告白が失敗したとしても、友達に戻れる可能性もあるのですが、片思い中は「恋人になれるか友達に戻れないか」の究極の二択しか頭に浮かばないことが多かったりします。

考えれば考えるほど、ネガティブな結果ばかり想像してしまうので、結局は告白できずにいることケースがほとんどです。

片想いが辛い原因4・相手の反応に一喜一憂してしまうから

相手の口調や態度で喜んだり悲しんだりと疲れてしまう

一般的な恋愛であれば、付き合いたての期間が過ぎれば比較的落ち着いて毎日を過ごすことができますよね。

しかし、片思い中は、相手の行動や言動などの1つ1つに過敏に反応し、精神的にかなり消耗してしまうものです。

相手の気持ちが自分に向いているかわからない状態だからです。

「相手も自分のこと好きでいてくれたら良いな」「私の気持ちに気付いてくれないかな」「でも、気持ちがバレて引かれたらどうしよう」など思いながら、相手と接するのが片想いですよね。

いつもよりたくさん会話ができれば宙を舞うほど嬉しい気分になりますし、話をするどころか目も合わない日は、景色がモノクロに見えるほど落ち込んでしまいます。

そういった生活が長期間続くわけですから、かなり精神的に疲れてしまうのです。

片想いが辛い原因4・相手が異性と楽しそうにすることに嫉妬してしまうから

だれかと楽しそうにしていると気になって仕方がない

片思い中は、恋人関係ではないので相手を束縛する権利は当然ながらありません。

それはすなわち、相手はどんな異性とも会話ができ、仲良く遊ぶこともできるということを意味します。

片想いの相手が他の異性と話しているの見ると、気になって何も手につかなくなったり、心が動揺したりするのが、自分でもわかります。

それが、嫉妬心です。

相手がだれと話そうが、それは自由なことですが、それとは無関係にイライラやソワソワする気持ちが沸き起こってくるのが辛いところです。

自分の方が魅力的だと思う同性が意中の人と会話をしているだけでも嫉妬心が芽生えてしまいますが、自分よりも魅力的な同性が意中の相手と仲良く会話をしていたら、その嫉妬心はさらに大きいものとなることでしょう。

それがたとえお互いに異性として意識していないとしても、嫉妬心が芽生えてしまうはずです。

片想いの時間が長くなればなるほど、その嫉妬心に襲われる回数も増え、精神的に疲労することも増えていくでしょう。

片想いが辛い原因5・自分が認められないような自己嫌悪に陥るから

相手から好かれないのは自分が悪い(顔・学歴・性格など)からだと思い込む

片想いの相手が自分には興味なさそう、振り向いてくれないと感じてしまう時、自分が悪いと考えてしまう人も多くいます。

まだ十分にアピールしているわけでもないのに、「自分は外見がそれほど良くないから好かれないんだ」といったように思い込んでしまうケースもあります。

外見だけでなく、「良い大学を出ていないから」、「頼れるほどの包容力が自分にはない」、「人を思いやる気持ちが薄い」といった自分のネガティブな部分を無理やり持ち出して、相手から好かれない理由として考えてしまうのです。

片想い中は、相手が振り向いてくれない理由を自分自身に探してしまうものなのです。

実際には誰しも良い面がありますし、たとえ誇れるほどの長所がなかったとしても、相性が良いケースもあり得ます。

大抵は、自分のネガティブな思い込みで、特に自尊心の低い人がよくやってしまいがちな思い込みです。

片想いが辛い原因6・他人と自分を比較してしまうから

自己嫌悪から他人と自分を比較して落ち込んでしまう

自分のダメだと思いこんでいる部分にばかり目が行ってしまい、だから自分はダメなんだと辛い気持ちになってしまいます。

でも、それよりもさらに辛い気持ちになるのは、周りの人と較べて自分はダメだと追い込んでしまうことです。

人間は他者と比較してしまう生き物です。

幼少期から周囲の人と比べられて生きてきているわけですから、それは仕方のないことであると言えます。

その習性によって、周囲にいる同性と自分を無意識に比較してしまうこともありますよね。

片思い中は、特にそういった比較をしてしまいがちです。

「あの人の方が自分より外見が良いからお似合いだな」といったように、いろいろと想像してしまったりもするでしょう。

片想いが辛い・苦しいの対処法/好きなひとがいるけどどうすればいい?

片想いが辛いときの対処法

1・距離を置く

2・相談をする(誰かと一緒にいてもらう)

3・泣く!(映画や音楽などで思いっきり泣く)4・趣味など没頭できるものを探す

5・思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)

6・雄大な自然を満喫する(旅行など)

7・思い切って告白する

8・他の異性との出会いを大切にする

片想いが辛いときの対処法1・距離を置く

相手のSNS(Twitter・Instagram・Facebook)は一切見ない

片思いはつらい感情を長期間に渡り持ち続けなければならないですが、上手に対処することで上手くその感情をコントロールできるようになります。

例えば、「好きな相手のSNSを一切見ない」というのも非常に有効な手段の1つです。

スマホ社会である現代では、少しでも時間があればTwitterやInstagramといったSNSをチェックすることができます。

好きな相手がSNSをやっていて、そのアカウントを知っている場合は、毎日何度もSNSをチェックしてしまうはずです。

しかし、片思いの相手のSNSを毎日何回もチェックするのは、余計に辛い思いを増幅させてしまう原因になるのでおすすめできません。

見たい気持ちはわかりますが、精神的にネガティブに陥らないようにあえてSNSを見ないのが、有効な手段であると言えるでしょう。

相手の連絡先(SNS・電話番号など)は消去する

もしも両想いになる可能性が極めて低い相手を好きになってしまったのならば、「相手の連絡先(SNS・電話番号など)は消去する」という選択肢も非常に有効です。

自分からは連絡が取れない状況を作ってしまうのです。

SNSも電話番号も消してしまえば、ついさみしくなって連絡してしまうこともなくなりますし、連絡帳や履歴をふと見てしまい思い出して、辛くなることもありません。

例えば相手が既婚者であったり、長年付き合っている恋人がいて結婚する可能性がかなり高かったりする場合には、片思いを続けることでマイナスの影響が大きくなりすぎてしまいます。

スマホの中から物理的に相手を消してしまいましょう。

連絡の取れる手段を思い切って消去してしまうことで、片思いの辛さを軽減させることができるのです。

その未練から脱却することが、新たな恋愛のスタートだと自覚しましょう。

相手に会う機会をなるべく減らす

好きな人に会ってしまうと、どうしても人はドキドキ感を感じてしまいます。

たとえ一瞬であっても、その日が終わるまでずっと頭の中で好きな人のことを考えてしまうものです。

そういった意味でも、「相手に会う機会をなるべく減らす」といった方法が非常に有効になると言えるでしょう。

そうは言っても、片想いの相手が同じ大学の仲間だったり、バイトや職場の同僚だったりすると、まったく会わないというのは、なかなか難しくてできませんが、会う機会を減らす意識はできます。

例えば、飲み会などの集まりは断ることも1つですし、大学や職場で会わなければ行けない場合は、時間をズラしたり、座席を替えて視界に入らないようにしたりもできます。

会う機会を意図的に減らすことで、ネガティブな感情になる時間を大幅に減らすことができるはずです。

最初は、少しモヤモヤするかもしれませんが、時間が解決すると割り切って徹底しましょう。

相手の思い出の品(写真など)は捨てる

成就しないであろう片思いとしている場合や、自分自身が恋愛をするような状況ではないケースでは、思い切って「相手の思い出の品(写真など)は捨てる」という方法も有効です。

印刷した写真や、スマホの中にあるデータも全て捨て去ること。

かなり勇気のいる選択肢ではありますが、もしも将来的に恋が成就したならば、新たに思い出を作っていけば良いだけです。

思い出として残しておきたいと思うのであれば、未練がある証拠です。

現在の片思いの辛さが続いてしまうことが1番のマイナスになりますので、相手をもう友達以下と決め込んで、自分を大切にできる現実的な最善の方法を選択していきましょう。

片想いが辛いときの対処法2・相談をする(誰かと一緒にいてもらう)

辛い思いを吐き出すと楽になる

片想いに限りませんが、辛い思いは誰かに吐き出してしまう方法がとてもおすすめです。

思いを吐き出し、共感をしてもらうことができれば、辛さが半減するはずです。

状況は変わらなくても、辛さを口に出して吐き出すだけで気持ちは変わります。

アドバイスを積極的にくれる友人や家族などではなく、話をじっくりと聞いてくれるタイプの人に吐き出す方が良いでしょう。

とは言え、片想いの相手のことを友達に話していないという人は多いです。

付き合うまでの関係になれば、嬉しさから誰かに話すこともありますが、片想いだとうまくいかなかった時の恥ずかしさや惨めさを恐れて、秘密にして1人で苦しんでいる人が多いのです。

1人で解決できることは、案外少ないものです。

1人で考え込むと悪い方向に考えてしまう!誰かと一緒に過ごしましょう

1人で考え込む時間が長いと、必然的にネガティブな思考へと陥ってしまいます。

そういった意味でも、なるべく1人で考え込む時間を少なくするために、誰かと一緒に過ごすことを心掛けましょう。

辛い時は1人でいるよりも断然複数人でいた方が気持ちが楽になるはずです。

例えば、友人など誰かといる時間を増やしましょう。

学校や会社終わりにそのまま1人で帰宅してしまうと、必然的に考え込む時間が長くなってしまいます。

毎日でなくても良いので、頻繁に学校帰りや会社帰りに友人との約束を入れて、数時間でも一緒にいる時間を増やしましょう。

辛い気持ちを聞いてもらうのでも良いですし、まったく違うことをして気分を変えるのも良いでしょう。

片想いが辛いときの対処法3・泣く!(映画や音楽などで思いっきり泣く)

思い切り泣くとすっきりする!映画や音楽などで思いっきり泣きましょう

辛い感情を癒すには、「映画や音楽に没頭する」のもおすすめです。

特に、自分の心境と同じような登場人物が出てくる映画や、共感できるような歌詞や心に染み入るような音楽がおすすめです。

辛い気持ちにそっと寄り添ってくれているような感覚を味わうことができ、自然と涙がこぼれるはずです。

片思いをしている時は、感受性が高まっていることが多いので、より映画や音楽といった芸術が心に染みることでしょう。

ただし、この方法は、直接的な解決策にはなりません。

気分を切り替えて、次の行動に移りたい時におすすめです。

辛い気持ちをひたすら紙に書く!書くことですっきりする

辛い気持ちはとにかく外に吐き出してしまうのが一番です。

前述した友人や家族に思いを吐き出すのもそうですし、映画や音楽で思い切り泣くといった方法もそうですが、感情を外に吐き出すことで、ネガティブな状態から脱することが可能となります。

例えば「辛い思いを手帳や日誌に書き記す」といった方法も、同じように気持ちを楽にしてくれます。

単純な方法ですが、気持ちの整理をするという意味で、とても効果があります。

後で読み返した時に、「冷静に自分の立場を把握することができる」といったメリットもあります。

もしかしたら、自分が思っていなかった事に気付ける可能性もあります。

客観視できることで、「このまま片思いを続けるべきか否か」といった判断も冷静に決断することができるようになるのです。

人に気持ちを伝える文章ではないので、正直な気持ちを書き出せば良いのです。

まずは、紙とペンを用意して、心の中にあるモヤモヤを言語化してみましょう。

書くのが面倒な人は、スマホのメモアプリもおすすめです。

簡単に見直すこともできるので、いつでも読み返せば自分の正直な気持ちを取り戻すことができます。

片想いが辛いときの対処法4・趣味など没頭できるものを探す

興味のあることに挑戦しましょう!新しい体験をすることで気持ちがリフレッシュする

片思いで悩んでいる時に、恋のことばかりに捕らわれていても良くありません。

時にはまったく違う体験をして、精神的にリフレッシュするといった選択肢もおすすめです。

もしも学校や仕事以外に興味のあることがあるならば、思い切ってそれに挑戦してみるのも良いでしょう。

新しいことに挑戦すると、ドーパミン濃度が濃くなり、より活動的になります。

活動的になれば、幸福度や満足度も上がるので、片思いの辛さを紛らわすことに繋がります。

もしも今現在挑戦したいことがなかったとしても、この情報化社会では、ネットで調べることで必ず1つや2つは興味のあることが見つかるはずです。

身近なところにも意外とヒントはあるものなので、ためらわずにチャレンジしてみましょう。

片想いが辛いの対処法5・思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)

思い切り汗をかくことで気持ちがすっきりする

精神的なリフレッシュをするならば、「運動」がおすすめです。

運動を行い思い切り汗をかくことで、脳の血流が促進されます。

また、脳から神経伝達物質が分泌されるので、体は疲れるのにも関わらず心地良い感覚になるのです。

会社帰りにスポーツジムに寄って汗をかくのも良いですし、帰宅してから近所をランニングするのも精神的なリフレッシュを促すことができます。

また、1人でスポーツジムや自宅周辺をランニングするのでも精神的リフレッシュは行えますが、おすすめは「サッカーやバドミントン」など友人とできるスポーツをすることです。

自分1人で行う運動よりも、複数人で行うスポーツの方が、より楽しさを味わうことができますよね。

休日に公園でバドミントンをするのも良いですし、サッカーよりも少人数で行えるフットサルなども、短時間でかなり楽しめるスポーツです。

その他にも、バスケットやバレーボール、野球など、自分の興味のあるスポーツを友人などと行ってみましょう。

片想いが辛いの対処法6・雄大な自然を満喫する(旅行など)

雄大な自然を見ると悩みなんてどうでもよいと感じる

片思いが日常の生活に入り込んでしまっているならば、「非日常を体験する」といった選択肢もおすすめです。

大きな神社やお寺といったパワースポット的な場所に行くのも良いですし、大自然を満喫できるキャンプに行くのも良いかもしれません。

特にキャンプは、長い時間日常から離れることができるので、片思いの辛さを和らげてくれるはずです。

川のせせらぎや虫の音、風で揺れた葉がこすれる音、自然の匂い、普段は見れないような星空や掴めそうなくらい近くに感じる月など、自然を身近に感じることで、片思いの悩みが小さなものに感じるのです。

近年流行っているソロキャンプでも良いですが、できれば複数人数で行くキャンプの方がおすすめです。

日中のアクティビティやバーベキュー、夜の焚火などを体験すれば、きっと心身をリフレッシュさせることができるはずです。

旅行に行くと気分が一新する

非日常を味わうならば、「旅行」もおすすめです。

新型コロナウイルスの影響も少なくなってきており、旅行をする人も増えてきています。

「片思いで最近ずっと苦しい」といった状況にあるならば、すぐにでも旅行の計画を立てましょう。

仲の良い友人と数人で旅行に行くのも良いですし、家族で旅行に行っても精神的な辛さを軽減できるはずです。

のんびりする旅行も良いですが、おすすめは行ったことがない観光地を旅行で訪れ、美味しい食事を堪能したり、体験したことがないことを積極的に行う旅行です。

すべての時間が刺激的な経験となり、「そういえば丸一日片思いのことを考えていなかった」といったことも十分にあり得ることでしょう。

片想いが辛いの対処法7・思い切って告白する

相手の気持ちを聞きましょう!

相手が結婚していたり、何年も付き合っている恋人がいて、近々結婚する可能性が高い場合には難しいかもしれませんが、そういった状況でなければ「告白する」といった選択肢も考えておくべきだと言えるでしょう。

片思いは、「好き」という感情を伝えることができず、ずっと心の中にしまっておかなければならないので、どんな人にとttも辛いものです。

「好きな人に振られる苦しさ」も当然ながら大きいものですが、「気持ちを伝えられない苦しさ」はそれ以上に感じる人がほとんどでしょう。

数ヶ月や半年くらいの期間であれば、まだ振られる苦しさの方が大きく感じるので、告白という選択肢を決断するまでは至らないかもしれませんが、1年以上片思いが続くとなると、気持ちを伝えられない苦しさの方が大きくなっていくはずです。

もしもそうなってしまったのならば、勇気を出して相手の気持ちを聞いてみるのもありだと言えるでしょう。

仮に告白が失敗してしまったとしても、「勇気を出して思いを伝えて良かった」と感じる可能性の方が高いはずです。

辛い片想いを吹っ切るには新しい出会いも大切

片思いが成就しない可能性の方が圧倒的に高いのであれば、思い切って「新しい出会いを求める」というのも「あり」だと言えます。

他の異性に目を向けてみると、意外と片思いをしている人よりも魅力的に感じる人はいるものです。

もしも身の回りにそういった人がいないのであれば、出会いの可能性を広げてみるのも良い選択肢だと言えるかもしれません。

ここは思い切って、今流行りのマッチングアプリを試してみるのもいいかもしれません。

たくさんのアプリがありますが、趣味や仕事、年齢や地域、恋愛に対する考え方まで、自分と合いそうな人を効率的に見つけることができます。

メッセージの交換から簡単にスタートできるので、やってみる価値はあります。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面

片想いが辛いの対処法8・他の異性との出会いを大切にする

あなたに関心・好意を持ってくれる異性との出会いも大切です

片想いが辛い理由は、相手が自分のことを見てくれないからです。

いっそのこと、自分に対して関心興味を持ってくれている人がいれば、そういった異性との出会いも大切にしてみましょう。

相手のことを想っているばかりだと、辛さが増すばかりですが、逆に想われる立場になってみると、意外にスムーズに恋愛ができる可能性もあるはずです。

じっと待っていても、何も始まらないので、自分から出会いを求めて行かなければいけません。

そして、相手からアプローチをしてくれた時に、その相手との相性やその後を考えていけたら片想いの辛さから解放されるでしょう。

ぜひ、デートに誘ってくれる相手がいるならば、気晴らしを兼ねてぜひ遊びに行きましょう。

諦めたほうがいい片想いもある!?諦めなくてもいい片想いとは?

諦めて方がいい片想い

1・相手にパートナーがいる場合

2・相手からの連絡や誘いが全くない場合

3・2人きりで会おうとしてくれない場合(あなたへの好意がない)

諦めた方がいい片想い1・相手にパートナーがいる場合

相手に恋人がいる・既婚者の場合は諦めましょう

好きになった相手に配偶者がいたり、恋人がいたりするケースも意外と多いものです。

「好きな気持ちは止められない」と思ってしまいますが、そのことによって人を深く傷つけてしまう可能性があるので、やめた方が良いでしょう。

特に相手が結婚している場合は、感情に任せて行動するのではなくよく考えてから行動するようにすべきです。

もし、好きな人に特定の異性がすでにいるのであれば、完全に諦めるか、一旦諦めて違う相手を見つけるといった選択肢を選びましょう。

周囲の人の中に、自分に対して好意を持ってくれている人がいるならば、その人と食事に行ったり遊びに行ったりして見るのもおすすめです。

「想う恋愛」ではなく、「想われる恋愛」も凄く良いものですよ。

諦めた方がいい片想い2・相手からの連絡や誘いが全くない場合

あなたに好意・関心があれば相手から連絡や誘いがあるはずです

人を好きになると、「いつか相手が振り向いてくれるはず」と期待してしまいがちですが、程よくアピールしているにもかかわらず振り向いてくれないケースでは諦めた方が良いと言えるかもしれません。

どれだけ効果的なアピールができたとしても、やはり相手が自分に対して好意や関心を持っていなければ振り向いてはくれないからです。

少しでも好意や関心があれば、こちらからアピールした段階で連絡をしてきてくれたり、食事などに誘ってくれたりするものです。

好きになってから相手の気持ちを探るのが辛いのであれば、先に相手の気持ちや考えを知った上で、始める恋愛もアリですよね。

もし、身近にそういった機会がないのであれば、先ほど書いたマッチングアプリで、好みの相手を見つけるコミュニティがあるので、そこに参加するのも近道です。

諦めた方がいい片想い3・2人きりで会おうとしてくれない場合(あなたへの好意がない)

好意のない相手とは2人きりで会うことはしません

アピールしたことにより、少しずつ関係性が深まっていく感覚を持つケースもあります。

しかし、だからといって上手くいくとは限りません。

いつまで経っても2人きりで会ってくれようとしないケースでは、異性として意識していない可能性が高いと言えるでしょう。

例えば、自分から遊びに行く提案をしたとしても、「みんなにも声をかけて行こう」となり、グループでの活動になってしまう場合は、これは明らかに、あなたの好意に気付いていながらも、その気持に答えることはできないというサインになります。

はっきり言われないだけモヤモヤしますが、相手は断った後の気まずい関係を恐れているだけなので、その片想いは諦めたほうが良さそうです。

諦めなくてもいい片想い

1・相手に特定のパートナーがいない場合

2・相手から連絡や誘いがある場合

3・2人だけで会ってくれる場合

4・あなたに相談をしたり弱いところを見せている場合

諦めなくてもいい片想い1・相手に特定のパートナーがいない場合

相手のパートナーがいない場合はチャンスがあります

もしさりげないアピールに対してリアクションがなかったとしても、完全に諦めるのではなく、「一旦引きさがる」といった選択肢が有効です。

相手に配偶者や恋人などといった特定のパートナーがいない限りは、可能性がゼロではないからです。

ただし、焦りは禁物です。

相手にパートナーがいなくても片想いの異性がいることは十分にあり得ます。

自分磨きをしながら、関係性を深められるタイミングを図りましょう。

半年以上片思いが続いてしまうと、「もう無理かな」と諦めたくもなってしまいますが、恋はワンチャンスあればものにできます。

そのためにも、相手の行動を日々リサーチしながら、自分磨きも怠らずタイミングを待ちましょう。

諦めずにできることをコツコツとやっていきましょう。

諦めなくてもいい片想い2・相手から連絡や誘いがある場合

好意・関心のない相手に連絡や誘いはしません

深い関係性になれているわけではないが、少しでも相手から連絡や誘いがあるのであれば、成就する可能性があると考えられます。

なぜならば、好意や関心のない相手に連絡や誘いはしないからです。

連絡や誘いがある時点で、「可能性はゼロではない」と意識して、チャンスを伺いましょう。

この時、あまりの嬉しさに食いつきすぎてしまいがちですが、気持ちの温度差が大きすぎると上手くいかないものです。

嬉しさを爆発させ過ぎず、その誘いにスマートに応えるようにしましょう。

少なくとも友達や同僚として好意を持っているのは確かですので、その後の進展が楽しみな状態です。

諦めなくてもいい片想い3・2人だけで会ってくれる場合

2人で会おうとするのは好意・関心がある証拠

もしも相手が頻繁に2人で会う機会を作ろうとしてくるならば、恋人になれる可能性がまだまだあると判断できるので諦める必要はありません。

たとえ「友達として好きだから」といった理由で仲良くしてきていたとしても、「友達からの発展系」の恋の形も十分にあり得ます。

なかには、だれとでも2人きりで遊べる人はいますが、それでもチャンスはあります。

ただ待っていても状況は今のまま変化なく過ぎてしまいますので、積極的なアプローチが必要となります。

2人で会えている時点で、相手はあなたに対して好意や関心を持ってくれているということですから、自信を持ちましょう。

相手との会話から、どんな部分を気に入ってくれているのかを分析して、その部分を上手に見せていけば、相手も少しずつ異性として気にするようになっていくはずですよ。

諦めなくてもいい片思い4・あなたに相談をしたり弱いところを見せている場合

嫌いな相手に相談したり弱みを見せることはありません

もしも「異性として見られている感じはしないけど頻繁に相談をされる」といった場合も、諦める必要はありません。

弱いところを見せてくれているのであれば、それはあなたを深く信頼している証拠だからです。

同性であっても異性であっても、嫌いな人に相談する人は、まずいません。

例え、恋愛の相談をされたとしてもショックはありますが、相談内容によっては、終わり間近な相談ということがほとんどなので、相手の心に寄り添っていくことで確実に距離は縮まります。

いつか異性として意識する瞬間が訪れるかもしれないので、全力で相手の味方でいてあげましょう。

「辛い時にいつでも側にいてくれたな」と相手が気付いてくれたならば、一気に恋人になれる確率が高まるはずです。

片想いの人は要注意!嫌われる行動を紹介します

注意点1・1日に何回も電話やLINEをする

しつこい相手は嫌われる

片思い中は、その思いが強すぎるがゆえに行き過ぎた行動を取ってしまうこともあります。

特に相手からそれほど連絡をしてこない段階で、こちら側から何度も電話やLINEをしてしまうと、「しつこい人」という印象を持たれてしまう可能性が高いでしょう。

しつこい人は、嫌われてしまう可能性も高いので、しっかりと心をコントロールして、頻繁に連絡をしないように心掛けることが大切です。

「電話やLINEをするのは〇日に1回まで」

「LINEの返信は相手から質問形式でなければ長引かせない」

このようなマイルールを事前に決めておくのも良いかもしれません。

もしも恋人であれば、頻繁に電話やLINEが来ても許せる部分がありますよね。

しかし、これが友人やちょっとだけ話すくらいの関係性の異性であったならばどうでしょうか?

かなりの確率で、「嫌悪感」を感じてしまうはずです。

相手の都合をしっかりと考えて、自分の立場を冷静に理解するようにしましょう。

相手の都合を考えることが大切です。

注意点2・断られても何度も誘う

相手から誘ってくるのを待ちましょう

片想いの基本スタンスは、「相手から誘ってくるのを待つ」というものです。

食事や遊びの誘いを勇気を出してしてみても断られてしまったという時は、相手から誘ってくるのを待つのが鉄則です。

好きの気持ちが強くなり過ぎると、言葉を都合よく受け入れがちです。

例えば「その日は都合合わないからごめん」と断られたことを、「じゃあ、別の日は?」とすぐ聞くのは、しつこい人と思われ、残された可能性を自分で消してしまうことも考えられます。

一度断られたとしても、同じ相手への片想いを続けるのであれば、静かに待つしかありません。

もちろんある程度のアピールは必要となりますが、嫌悪感を持たれないことが最優先となるので、基本的には待ちの姿勢を大事にしましょう。

注意点3・2人きりで会うことに拘る

グループで会って2人の距離を縮めていきましょう

好きな人と2人きりで会いたいと思うのは当然です。

人によっては、「2人きりで会えなければ意味がない」と感じるかもしれません。

しかし、たとえグループで会ったとしても、確実に仲は深まっていきますし、仲が深まれば2人きりで会える確率も上がっていくはずです。

それゆえに、「2人きりで会うことに拘る」といった姿勢は持たないようにしましょう。

基本的なスタンスとしては、「グループで会いながら少しずつ関係性を深め、アピールもしながら相手の反応をうかがう」といった感じでしょうか。

注意点4・相手に気を使いすぎる(自分らしさを見失う)

気を使われすぎると疲れてしまいます

好きな人が目の前にいると、意識が完全に相手に向いてしまいがちですよね。

しかし、あまりに意識が向きすぎて、気を使いすぎるのもNGです。

相手からすると、「この人はいつも気を使っていてなんか逆に気まずいな」と感じてしまうかもしれません。

それに、相手によく思われたい一心で行動したとしても、どこか本当の自分とは違う無理をした自分を演じることにもなります。

なかなか難しいかもしれませんが、なるべく自然体で相手に接するように心掛けましょう。

そうすれば、相手が「気を使われすぎて疲れる」とはならないはずです。

片想いが辛い・苦しいの対処法についてまとめ

この記事では、片想いが辛い・苦しい時の対処法について紹介してきました。

片想いの恋愛は、相手の気持ちを知ることができず、「好き」という気持ちに捕らわれてしまいがちゆえに、辛い気持ちが大きくなってしまいます。

期待や不安が常に付きまとうがゆえに精神的にかなりしんどくなってしまうので、上手に対処する必要があると言えるでしょう。

相手が結婚していたり、恋人がいる場合は諦めるしかありませんが、それ以外のケースでは、しっかりと相手との距離感を見極めて、最適な行動や言動をとるようにしましょう。

関連ページ:【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

関連ページ:【片思い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

関連ページ:【片想いを成就する方法】片想いの恋が両想いに!恋愛を叶える方法

関連ページ:【片思い女子あるある】恋愛の胸キュンに思わず共感!好きな人あるある

タイトルとURLをコピーしました