【彼女できない人の特徴】行動・男性の原因と共通の理由と方法について

love

【彼女できない人の特徴】男性の原因

自分から行動しない

彼女ができない人の特徴としてまず考えられることは、保守的な姿勢であることが多くなります。

というよりも、自ら積極的に行動することがほとんどなく、リスクを恐れながら暮らしています。

それゆえに、「この女性いいな」と思っても、「振られるかもしれない」といったリスクが頭によぎってしまい、告白を選択することができないのです。

恋愛に関して女性は、この10年、20年ほどで非常に積極性が増し、女性側から男性にアプローチをする人も増えてきました。

しかし、それでも現実的にはまだまだ男性から告白されるのを待つ女性の方が圧倒的に多く、男性は余程モテる人以外は自分から告白しなければ恋人を作ることができません。

こういったタイプの男性は、せっかく身近に理想に近い女性が現れたり、相性の良さそうな女性が現れたりしたとしても、行動に移せません。

なかには、告白どころか自分から話し掛けることもできず、女性から分かりやすい好意のアピールをされたとしても、手を握ることもデートに誘うこともできない男性もいます。

恋愛をするには「自分から行動すること」が非常に重要なのです。

しかし、積極的に自分から行動しない男性は、「自分に自信がない」ことが原因となっている可能性が高いと言えます。

いわゆる、近年よく耳にするようになった「自己肯定感」というものですね。

自己肯定感が低くなってしまっている原因はいくつか考えられます。

幼少期に親や兄弟といった親族から褒められる機会が少なかったから

幼少期にあまり褒められることがなかった人は、大人になってからも自己肯定感が低いままになってしまいます。

親や兄弟、親戚などだけでなく、先生や近所の人から褒められることでも自己肯定感は育まれますが、そういった経験すらない人の場合は、かなり自己肯定感が低くなってしまいます。

また、人間は勉強やスポーツ、仕事など比較される環境で暮らしていますが、幼少期から過度に比較され続けてしまうと、自己肯定感が著しく低くなってしまいます。

特に兄弟と比較されることが多かった人は、自己肯定感が低くなりがちです。

そのような環境で育った場合は、彼女ができない原因として考えられます。

チャレンジせずに成功体験が少なかった

幼少期から様々なことにチャレンジしていれば、失敗の方が多いにしても、いくつかの成功体験を重ねることができますよね。

そういった成功体験によって、「自分には価値がある」と感じることができ、自己肯定感は高まっていきます。

しかし、幼少期からチャレンジをしない臆病な性格であったり、親が過保護でチャレンジをさせなかったりすると、ポジティブな影響が出にくくなってしまうのです。

自信のなさは、恋愛を上手く進める上で致命的な欠点であると言えるでしょう。

その結果、彼女ができない人が多くいるという特徴があります。

理想が高い

理想の女性像のレベルが高すぎるのも、彼女ができない男性の特徴の1つです。

どんな女性にも違った魅力が備わっていて、好みの部分が少しでもあればそれをきっかけに好きになっていくことは多々あります。

しかし、理想が高い男性は、その理想から大きく外れている女性は絶対に恋愛関係にならず、魅力的な面がある女性であっても、理想と違ければ恋愛感情を持つ可能性が低いのです。

こういった男性は、特に女性の「外見」に対する理想が強い傾向があります。

顔の好みはもちろん、スタイルや肌の綺麗さ、年齢など、外見に対する理想が非常に高いのです。

自分自身のレベルをまったく考慮せずに、理想だけ高くなってしまうので、周りの人から見ると、「身の丈にあった女性はたくさんいるのに」と思ってしまいます。

外見に気を使わない・清潔感がない

令和という時代においては、「清潔感がない」というのは致命的な弱点であると言えます。

昭和や平成初期の頃であれば、無精髭といったムダ毛や服装の乱れなどは「男性らしさ」として捉えられていましたが、令和という時代では、確実に「不潔」と判断されます。

実際に20代、30代を中心に、男性の脱毛も増えてきています。

意識としては、「脱毛なんて女性のやること」と考えている男性は少数派で、「希望としては全身脱毛したいけどお金がなくてできない」といった意識でいる若い男性は非常に多くなっています。

全身脱毛をするのにローンを組む人もいるくらいです。

ムダ毛や服装なども清潔感をキープするためには意識しなければなりませんが、髪の毛のケアも必須となります。

毎日のように寝癖が付いていたり、ヘアセットをまったく行わずに学校や会社に行ったりする男性は、清潔感がなく見えるので、女性としてはかなりのマイナス評価となります。

性格が良かったとしても、清潔感がないことで「生理的に受け付けない」と判断されてしまう可能性が高いのです。

【彼女できない人の特徴】恋人がいない理由

出会いがない

現代は一昔前と比べて明らかに出会いのチャンスが減ってきています。

なぜならば、「恋人を作りたい」と思っている男女が確実に減ってきているからです。

恋人がいない割合は約60%~70%で、恋人がいない人の中で「恋人が欲しい」と考えている人は約半数程度であると言われています。

昭和や平成初期の頃は、多くの若者が恋人を作りたいと願い、積極的に出会いの場に足を運んでいましたが、令和という時代ではその熱が非常に下がってきているのです。

現代では、ネットを活用して世界中の人と気軽に繋がることができ、共通の趣味を持つ友人を作りやすくなりました。

TwitterやInstagram、YouTube、TikTokといったSNSで繋がることもできますし、ゲームの中で繋がることも可能です。

恋人がいなくても楽しく過ごしていける環境を簡単に作ることができるようになったことで、「恋人がいることのデメリット」の方が大きくなった人が増えてしまったのです。

確かに、恋人がいれば、自分の時間歯確実に減りますし、デートやプレゼントなど経済的な負担も大きくなります。

ラブラブな時間は幸福感に包まれますが、恋愛している中でケンカをしたり意見の食い違いがあったりすることもあります。

恋人を作りたいと行動する人が少なくなったことで、男女の出会いは大きく減少してしまったと言えるでしょう。

また、新型コロナウイルスの影響によって出会いの場が減少したという原因もあるかもしれません。

合コンや会社、大学のサークルの飲み会は明らかに数年前よりも減少していて、男女の出会いの場が減ってきています。

精神的な面でも、「他者と過剰な接触歯しないようにしよう」と無意識に思うようになってきている人も多く、気になる女性がいてもなかなか踏み込みにくくなっています。

これらの理由が重なり、たった10年ほどで大きく出会いのチャンスは減っているのです。

仕事が忙しい

仕事が忙しくて彼女ができないといった男性もある程度の割合で存在するでしょう。

働き方改革によって、ブラック企業並みの残業時間や休日出勤を課す企業は減ってきていて、そういった理由で忙しい男性は減ってきているかもしれません。(減ってきているとはいえまだまだブラック企業は存在しますが)

20代や30代前半の男性の場合は、どちらかというと「仕事に没頭してしまう」ことで忙しくなるケースが多いかもしれません。

大学や専門学校を卒業し社会に出て、1人の社会人として働き始めると、「仕事が楽しい」と感じたり、「自分が成長している感覚が嬉しい」と感じたりもします。

そのようなモードに入ると、暮らしの中の優先順位の1番が仕事になることもあります。

大好きな趣味よりも、友人との飲み会よりも仕事を優先するので、当然のことながら彼女を作る余力がなくなるのです。

心の中では、「彼女が欲しいな」と感じてはいるものの、それ以上に仕事への情熱が高まってしまっているので、恋人を作る行動を起こせなくなってしまいます。

趣味が忙しい

男性の中には、「仕事よりも恋愛よりも趣味が好き」といった人も意外と多かったりします。

車やバイク、釣り、スポーツ、ギター、キャンプ、筋トレ、音楽など、現代は様々な情報を簡単に入手でき、ネットを利用し多くの仲間とも繋がれるので、趣味に没頭できる時代であると言えます。

恋人を作りたい欲よりも趣味に没頭したいという欲の方が大きいので、なかなか彼女ができません。

また、趣味に没頭する男性の場合、「彼女も欲しいけど経済的に厳しい」といったことも大きな理由となります。

男性の場合は、特に収集癖が強い傾向にあり、その多くがお金が掛かります。

月に5万円以上趣味に使っているという男性もかなりいるはずです。

それゆえに、彼女は作りたいものの、デート代やプレゼント代、自分の服代やヘアケア代などにお金を掛けることができず、結局断念してしまいます。

趣味は時間が必要なだけでなく、お金も必要になるため、恋愛と両立させるのはとても難しいのです。

今の生活に満足

「彼女はいないけれども現状の生活に満足している」

そういった男性も非常に多くなっています。

前述したように、SNSやゲームを通じて共通の趣味を持つ仲間と日々楽しく過ごすことができますし、サブスクリプションサービスを利用すれば「音楽」や「映画」「ドラマ」「アニメ」なども安価な金額で楽しむことが可能です。

高望みしなければ、低収入であっても十分に満足度の高い暮らしが実現できる社会であるとも言えます。

物価は上昇し、税金も高くなっています。

そういった状況であるにもかかわらず給料は変わらないのですから、無理に高望みをするのではなく、最低限の暮らしで工夫しながら自分の時間を楽しんだ方が得策だと考える人は多くなっています。

彼女ができれば、自分の時間やお金は確実に減ります。

好きな女性と恋愛をするということがとても幸せなことであることは理解していますが、同時にマイナスの要因も抱えることになることを理解しているのです。

損得勘定で、「彼女を作らずに今の生活を続けていた方が満足度が高い」と判断しているわけです。

良い人止まり

昔から「良い人止まり」な男性は彼女を作れない傾向にあります。

意中の女性とも気軽にコミュニケーションが取れ異性の友人が多いのですが、意中の女性に告白したとしても、「優しい人なんだけど彼氏としては考えられないかな」と言われてしまう可能性が非常に高いのです。

こういった男性は、男性としての魅力をUPさせない限りはずっと同じような見られ方をしてしまうので、「彼女ができそうでできない」といった状態が長年続いてしまうのです。

例えば、筋トレを習慣化してボディメイクしてみるのも良い選択です。

安易な考えかもしれませんが、筋肉質な体は女性にドキドキ感を与える大きな武器となります。

もしもボディメイクに成功したならば、それまで意識していなかったとしても、ふとした時に筋肉が視界に入りドキッとしてしまうこともあるでしょう。

他にも、髪型や服装をオシャレにしてみたり、スキンケアに力を入れてみたりするのもおすすめです。

仕事で他者よりも成果を出すのも効果的です。

女性は仕事ができる男性に対してときめいてしまうこともあります。

また、歌に多少自信があるならば、ボイストレーニングに通い上達させるのもおすすめです。

カラオケに行った際に想像以上に上手いと、女性は男性として魅力的に見えるものです。

このように、「良い人」という時点でそれなりに好印象を与えられているわけですから、自分磨きをして男性としての魅力をUPさせることで、一気に恋人を作りやすくなるはずです。

関連ページ:【彼女ができない理由】男の特徴と焦りの原因

【彼女できない人の特徴】共通点

【彼女ができない人の特徴】共通点

☆コミュニケーション力が低い

☆めんどくさがり

☆女性に慣れていない

☆受け身

☆新しいことを始めるのが苦手

コミュニケーション力が低い

コミュニケーション能力が低い男性は、彼女ができない確率が極めて高いと言えます。

恋愛の入り口は「外見」であることも多く、多少外見が他の男性よりも優れていれば、2人でデートに行くシチュエーションまでは持っていける可能性は高いと言えます。

しかし、デートは1対1でコミュニケーションを取り、時間内で思いっきり楽しむものなので、コミュニケーション能力に難がある男性は相手を楽しませることができませんし、自分自身も楽しむことができないでしょう。

例えば、自己肯定感が低く、「自分の話なんてつまらないから」と思い、子どもの頃から人と話す機会を作ってこなかった男性は、コミュニケーション能力が伸びません。

コミュニケーションは、スムーズに言葉のキャッチボールができれば問題なく、決してお笑い芸人の様な「話術」が必要なわけではありません。

他者と話をする経験を人並みにしていれば、「こういう内容の言葉を投げかければこんな言葉が返ってきそうだな」となんとなくわかるようになります。

なんとなくでも分かれば、その場に合った会話が自然とできるものです。

しかし、経験値がまったくない人は、そうした予測ができないので、勇気を出して喋った会話に対する返答が想像していた範疇を超えてしまいます。

予想外の言葉が返ってくれば、経験値がないのでその言葉に対してスムーズな返しができるわけがありませんよね。

こういった男性は、とにかく他者をコミュニケーションを取ることを続け、経験値を積み重ねる必要があると言えます。

話術の基本を学ぶというよりは、「場数を踏む」ことが重要です。

男友達でも良いですが、おすすめなのは女性の友人を作り積極的に遊びに行ったり会話をしたりすることです。

会話の経験値を挙げていけば、少しずつ自然なコミュニケーションが取れるようになっていくことでしょう。

めんどくさがり

男性には「めんどくさがり」な人がとても多いですよね。

女性とデートすることも面倒に感じてしまいますし、なんならコンビニに行ったり自販機にジュースを買いに行くのすら面倒だと感じてしまいます。

好きな女性が現れて、最初のうちは食事やデートなどを楽しめますが、2度、3度会う回数を重ねるごとにめんどくささが芽生えてしまうでしょう。

そのままデートを重ねて関係性を深めていけば、自然と彼氏彼女になれるにもかかわらず、めんどくささが勝ってしまい、次第に連絡をしなくなります。

彼女を作り恋愛を楽しむためには、自分がめんどくさがりであることを自覚し、相手の女性にもそれをしっかりと伝えた上で、自然体で接することが重要です。

外にデートしに行くのではなく、「おうちデート」を基本として、1ヶ月に1回くらいは外にデートに行くといったように、バランスを取っていけば、上手くいくはずです。

女性に慣れていない

姉や妹がいる男性であれば、女性と接することに慣れているため、学校や会社内で異性と話をするのも苦になりません。

しかし、学生時代に女性との接点がない男性や、姉や妹がいない環境で育った男性の場合は、どのように女性と接すれば良いのか分からないケースがあります。

こういったケースでは、男性とは普通に会話ができるにもかかわらず、女性と話すシチュエーションになると途端に上手く喋ることができず、会話のキャッチボールすらままならなかったりします。

好みの女性でなくても「女性」というだけで思考回路が上手く回らなくなるので、好みの女性の前では特にコミュニケーションがおぼつかなくなります。

女性慣れしている男性からすると、「なんで女性が相手になるとそんなにテンパるの?意識し過ぎじゃない?」とさえ思ってしまうでしょう。

これを克服するためには、とにかく場数を踏むしかないと言えるでしょう。

積極的に女性と話せるシチュエーションをプライベートでも作り、慣れていきましょう。

社会人であれば、思い切ってキャバクラなどに行ってみるのも良い経験になるかもしれません。

受け身

冒頭でも挙げた通り、保守的で自分から行動をしない「受け身体質」の男性は、彼女ができにくい傾向にあります。

せっかく意中の女性と良い感じの関係になったとしても、そこから踏み出すことができず、常に女性からの行動や言動を待つことになります。

たとえ「優しい」、「カッコいい」、「仕事ができる」といった良い面があったとしても、受け身体質だと次第に女性が離れていってしまいます。

頭では「もう少し積極的にいった方が良いかもな」とは思っていても、実際には踏み出すことができないのです。

そこは、もう勇気を出して、自分から行動する習慣を身につけていくしかないのです。

新しいことを始めるのが苦手

男性の中には、「新しいことを始めるのが苦手」というタイプの人が存在します。

こういったタイプの男性は、常に同じ仲間や友人と共に行動することを好み、同じお店に食事に行きます。

それゆえに、新たに彼女を作るといった行為自体が苦手になります。

彼女を作るということは、新しい体験を数多くすることになります。

デートでは毎回違う場所に遊びに行くことも多いですし、それまでの自分の生活外のことを多く経験することになります。

好きな女性と一緒にいたとしても、どこか居心地が悪くなってしまうのです。

関連ページ:【恋愛できない男は欠陥?】特徴や感情/難病が理由?

関連ページ:【恋愛できない女】欠落?アセクシュアル?理由や特徴

【彼女できない人の特徴】一生

彼氏が欲しいのになかなかできず、気づけば「年齢=彼氏いない歴」となっている人は、「もう自分は一生彼氏ができない」と諦めモードになっているのではないでしょうか。

しかし、本当に彼氏がほしいと思うなら、諦めるのはまだ早いと言えるかもかも知れません。

今まで彼女がいなかった人の割合は30%以上

彼女が長期間できないと、「自分にはまったく魅力がないのでは?」と不安になることもあるでしょう。

しかし、彼女を作ったことがない男性の割合は30%以上であり、そうそう簡単に彼女ができるものではないのです。

恋愛は、彼女を作ればそれで良いというわけではないですよね。

大事なのは「好きな女性と幸せに過ごすこと」であり、その本質を見誤ってはいけません。

彼女ができないことは珍しくはない

前述したように、彼女がいないこと自体はそれほど珍しいことではありません。

それゆえに、「早く彼女を作らなければ」と思わなくても良いと言えるでしょう。

たとえ身近に入る男性たちの彼女いる率が高かったとしても、日本全体で同じような状況ではないということを理解しておくと、気持ちが楽になるはずです。

非常にイケメン高身長で、仕事もできて、優しい性格であれば、周囲の女性から告白されることも多いでしょう。

また、そこまでハイスペックでなくても、他の男性よりも圧倒的に優れている部分があれば、女性から告白される可能性もあります。

しかし、一般的なスペックである男性たちは、なかなか女性から告白されるといったことはありません。

そう、「自ら動かなければ彼女ができることはない」と言っても過言ではないのです。

関連ページ:【一生彼氏ができない気がする】不安な女性の焦りと特徴について

関連ページ:【一生彼女できない諦め】男性のメリットとデメリット彼女の作り方

【彼女できない人の特徴】解決方法

効率的に出会いを探したい・沢山の人と出会える場所に行きたい・同じ趣味がある恋人を作りたい・同じく出会いを探す女性と確実に出会いたいなら、出会いの場に積極的に参加することが大切です。

現代であれば、やはりマッチングアプリが出会いの主流であると言えるでしょう。

出会いの場に積極的に参加する

マッチングアプリを行うことと並行して、「出会いの場に積極的に参加すること」を意識してみましょう。

大学や会社の飲み会や趣味友との時間など、積極的に出会いの場に参加することで、少しでも女性との出会いを増やすべきです。

出会いの場に参加していてもなかなか出会いがないという場合には、「マッチングアプリ」を利用してみましょう。

現代には実に様々なマッチングアプリが存在していて、人気のマッチングアプリを利用することで相性の良い理想の相手と出会える可能性が高まります。

おすすめのマッチングアプリをいくつか挙げてみましょう。

恋人をつくりたいならペアーズ

日本で最も人気のあるマッチングアプリといえば、やはり「ペアーズ」でしょう。

累計会員数は1,000万人で、マッチングできたカップルはなんど累計3,200万組以上となっています。

登録料は男女とも無料ですが、男性のみ月会費が1,650円(年間払いの場合)掛かります。

女性は月会費が無料となっているので、非常に多くの女性が登録しているのです。

毎日5000人程度が新規登録をしているので、数ヶ月間継続して恋活をすることで彼女ができる確率が大幅にUPするはずです。

ペアーズの最大の特徴は、「コミュニティー機能」です。

この機能は、趣味や好きな物、好きな場所、好きな食べ物といったようにグループが分かれていて、そのコミュニティを通じて仲良くなることが可能となっています。

共通の趣味や推しているアーティスト、場所があるだけで、男女の関係は深めやすくなるものです。

恋愛に発展した後も、共通の趣味などがあると長続きする傾向もあります。

「ペアーズを利用してもなかなか彼女ができない」

ペアーズを利用すれば確実に彼女ができるわけではないので、そんな悩みを抱える男性もいるはずです。

そんな時には、「ペアーズコンシェルジュプラン」を利用するという選択肢があります。

このプランでは、ペアーズの恋愛に関するプロにメッセージやビデオ通話で相談をすることができます。

共通の趣味を持つ女性や気が合いそうな女性は見つかるものの、そこから関係を深めることができない場合には、このプランを活用することでグッと彼女ができる可能性がUPするはずです。

また、ペアーズには、「メッセージ付きいいね!」や「みてね!」、「気になる!」、「アイキャッチ」、「アイテム交換」といった機能があり、ペアーズポイントで利用することができます。

これらの機能を上手に活用すれば、さらに成功確率をUPできることでしょう。

遊びたいならPCMAX

前述した「ペアーズ」は、どちらかと言えば最初から恋人候補として会うようなマッチングアプリとなります。

もしも、「最初はもっとラフな感じで出会いたい」といった希望があるならば、「PCMAX」を利用するのがおすすめです。

累計登録者数は1,100万人を超えていて、気軽な出会いを目的とするマッチングアプリの中でトップクラスの人気を誇ります。

一般的なマッチングアプリは、「月額制」であることが多いのですが、PCMAXの場合はポイント制になっています。(女性は利用無料)

クレジットカード払いであれば、1,000円で100ポイント、2,000円で200ポイント、3,000円で320ポイント、5,000円で550ポイント」が付与されます。

その他にも、銀行振り込みや電子マネー決済、プリペイドカード決済などの支払い方法があります。

掲示板や日記、チャットといった機能を利用して女性とコミュニケーションを取っていき、気が合った相手と直接会う約束を取り付ける流れとなります。

男性も女性も気軽に遊ぶような感覚で利用しているので、出会える確率がかなり高いのです。

都会以外の場所でも利用者が多いハッピーメール

ペアーズは、意外と都市部での利用が多いのですが、「ハッピーメール」は都心部以外の地方にも会員が多い傾向にあります。

累計利用者数は2,500万人以上となっており、知名度も抜群です。

女性の利用は無料ですが、男性はポイント制となっており、クレジットカードであれば500円で50ポイント、1,000円で100ポイント、2,000円で210ポイント、3,000円で370ポイント、5,000円で650ポイントが付与されます。

後払いやコンビニ払い、Yahoo!ウォレットなどでの支払いも可能となっています。

都心部以外にも積極的に宣伝活動を行っているので、利用者が多く必然的に出会える確率も高くなっています。

PCMAXと同じように、いきなり恋人探しをするというよりも、気軽に女性と出会えるといったメリットがあるので、気楽に始めることができます。

【彼女できない人の特徴】まとめ

長年彼女ができない男性は、自分に自信がない、積極的に行動しないといった原因が多いと言えます。

彼女のいない男性も世の中に非常に多いのも事実ですが、やはり行動しなくてはいつまで経っても彼女を作ることができません。

ぜひ出会いの場に積極的に参加したり、マッチングアプリを利用したりして、彼女ができる確率を少しでもUPさせましょう。

恋愛をしたいならば、行動あるのみですよ。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面

タイトルとURLをコピーしました