【既婚者の好きバレ】態度・男性の恋愛と浮気の対処方法

love

【既婚者 好きバレ】男性

「好きになった人が既婚者の女性だった…」

せっかく出会えた運命の人だと思ったのに、既婚者だとわかった時のショックは相当なものです。

職場での出会いだった場合は結婚指輪をしない女性は多いですし、普通に接している限り旦那の話なんて聞きませんので仕方ないことかもしれません。

独身男性としては、「この気持ちはどうしたら良いんだ…」と苦悩に苛まれますが、相手に好きだって気持ちがバレてしまう、俗に言う「好きバレ」はひとまず避けたいところです。

そこで、既婚女性を好きになってしまった独身男性の対処方法を幾つかご紹介します。

はやる気持ちを抑え、「好きバレ」を回避していくために必須の対処方法となりますので、是非マスターして頂けなければいけないです。

それでは順番にご紹介しましょう!

【既婚者 好きバレ】男性の特徴

特徴1・目で追いかける

特徴2・挙動不審

特徴3・相手への興味は隠す

特徴4・何でも褒めてしまう

男性の特徴1・目で追いかける

好きな女性が視界に入ってしまったら、ついつい目で追いかけてしまうものです。

好きになった女性というのは、ただ歩いているだけでも可愛いですし、会釈や挨拶している姿も可愛らしいですよね。

普段はマスクをしているので顔全体の表情はわからなくても、目元だけで意中の人の魅力は伝わってくるものです。

…しかし!

だからといって目で追いかけてはいけません。

目で追いかけるということは、その人のことを好きだってことを周囲にアピールしているようなもの。

例え本人にバレなくても、周囲は目で彼女を追いかけていることに気付いてしまうのです。

一定の方向を見ているだけなのであれば何とも思われませんが、きっと目で追いかけていると自然に顔や首、場合によっては肩まで動いてしまいますから目立ってしまいます。

もし周囲が彼女に「何か目で追いかけてたよ?何かあったの?」みたいなことを吹き込んでしまうと、結果的に彼女に伝わってしまいますからね。

自分の行動は周囲にチェックされていると思って振る舞う必要があります。

男性の特徴2・挙動不審

既婚者である女性を意識しないように振る舞おうとすると、それが逆に意識しすぎて挙動不審になってしまう懸念があります。

「意識しないようにすること」そのものが意識していることになってしまうので、意識しないというのは実はとても難しいことなのです。

そのため、変に意識しないように振る舞った方が自然に接することができます。

職場で立場があるのであれば、その立場に逆らわないように振る舞えば良いですし、友達関係でいるなら友達でいれば良いのです。

彼女が貴方のことを挙動不審だと感じてしまうと、特別な感情を持っていると思われかねませんし、そうでなくても何かしら不審に思われてしまう恐れがあります。

もし多くの接点を持たなくても差し支えないのであれば、少し距離を持ってみるのもお勧めです。

あまり距離を持ちすぎると、今までと違う環境となってしまい彼女も違和感を覚えるかもしれません。

自然に振る舞うのはとても難易度が高いですが、自分の気持ちに整理がつくまでの間は彼女との関わりは必要最低限に留めるのが良いでしょう。

男性の特徴3・相手への興味は隠す

「好きバレ」を防ぐのであれば、必ず相手に対する興味は隠さなければいけません。

好きな相手なのであれば、普段のさりげない会話の中に彼女の好みだったり、彼女の私生活であったり、プライベートなことを聞き出そうとすることでしょう。

しかし、このような好意は「貴女に興味がありますよ」と言っているようなものなので、勘の良い女性であれば「私に気があるのかな?」と思っても不思議ではありません。

そのため、既婚女性への「好きバレ」を防ぐのであれば、必ず彼女に対する興味は隠すようにしましょう。

しかし、一つ問題があります。

それは、意中の女性が既婚者とわかるまでの間、彼女に興味を持って接していたケースです。

てっきり独身だと思って色々とプライベートなことを聞いていたのに、既婚者だとわかった瞬間に急に興味を隠してしまっては違和感が生まれてしまいます。

このようなケースにおいては、少しずつ会話の中にプライベートな要素を入れないようにフェードアウトしていくか、敢えて旦那さんを交えた話題を振るのが良いでしょう。

旦那さんを交えた話題の場合、正直なところ全く聞きたくないでしょうし、会話の中で彼女の知らないところで貴方がショックを受ける恐れだってあります。

しかし、旦那さんに対する悩みを少なからず抱えているでしょうから、それに応えることで「良い相談相手」になることができます。

不本意かもしれませんが、彼女の幸せを願っているのであれば、こういう形で幸せをサポートしてあげることもできるのです。

男性の特徴4・何でも褒めてしまう

彼女のことが好きなのであれば、きっと彼女の内面についても好きなのでしょう。

つまり、彼女に対してリスペクトしているため、彼女のいろいろなところをついつい褒めてしまうわけです。

彼女のことが好きなのであれば、褒めるというのは素晴らしいアプローチなので問題ありませんが、意中の相手が既婚者となると話は別です。

「好きバレ」を防がなければいけないという局面においては、彼女のことを褒めるのはかえってマイナスになってしまいます。

嫌いな人を褒めるなんてことはあり得ないわけで、相手のことを好きでなければ褒めるなんてことはないからです。

そのため、彼女のことを褒めることができなくなるわけですが、どうしても良いたくなる時ってあると思います。

その場合は、彼女と1対1の時に褒めるのではなく、複数人いるところで褒めると良いでしょう。

1対1の環境で褒めると「好感度アップ」が目的に映りかねませんが、他の人もいるところで褒めると完全に「リスペクト」になります。

職場などにおいては、褒められる人も評価されますが、実は褒める人も評価される傾向にあります。

人の悪いところは簡単に見つけられますが、人の良いところって全員が全員見つけられるわけではありませんからね。

今回のケースは彼女のことが好きだから良いところを知ることになったわけですが、それを職場で活かせるということを覚えておくと、貴方にとってもプラスになりますよ!

【既婚者 好きバレ】恋愛

既婚の女性に好意を持っていることが相手にバレてしまったら、先ほど解説したように不倫や浮気に発展してしまう恐れがあります。

不倫や浮気のデメリットやリスクは果てしなく恐ろしいので、どうにかして相手に好意を持っていることをバラすわけにはいきません。

しかし男性というのは、自分が意識していないにも関わらず、ついつい「不覚な行動」をとってしまうことがよくあります。

改めて自分の行動を見直し、既婚女性に好意を持っていることがバレないように気を引き締めて頂きたいものです。

そこで、一体どのような行動が「不覚な行動」になってしまうのか、代表的な行動を幾つかご紹介したいと思います。

意識しておかないとバレてしまいますので、細心の注意を払って行動するようにしましょう!

【既婚者 好きバレ】恋愛方法

方法1・相手を褒めすぎない

方法2・特別扱いをしない

方法3・些細な変化にすぐ気づく

方法4・過去の言動を逐一覚えておく

恋愛方法1・相手を褒めすぎない

既婚の女性に好意を持っているということは、相手に対してリスペクトしている点が必ずあるかと思います。

自分に持っていないものを持っていたり、自分にはできないようなことを平然とやってのけたり、何かしら尊敬できるポイントがあるものです。

そのため、ついつい相手に対して褒めることが多くなってしまう傾向にあります。

もちろん褒めることは素晴らしいことですし、意外に褒めることができない器の小さい人間もいますから、その行為そのものは何も悪くありません。

しかし、あまりにも褒めすぎると、どうしても相手は貴方のことを意識してしまいます。

特に相手が家庭や旦那さんに対してストレスを抱えている場合は、自分のことを認めてくれる貴方の存在を特別視してしまう恐れがあります。

褒めること自体は問題ありませんが、過渡に褒めすぎないようにしたり、頻繁に褒めているなら所々褒めたいところをグッとこらえたりするなど、できる範囲で工夫すると良いでしょう。

恋愛方法2・特別扱いをしない

自分が好意を持っている相手に対しては、人はどうしても特別扱いをしてしまう傾向にあります。

これもついつい無意識にやってしまうことであり、自覚がないので注意しなければいけません。

特別扱いをしていることは、特別扱いをされている相手だけでなく、特別扱いされていない他の人にもわかってしまいます。

他の人に特別扱いしていることがバレると、貴方の知らないところで話が大きくなってしまうので、好意を持っている彼女に対してどのように接しているのか振り返っておく必要があります。

そして、ちゃんと他の人と同じ扱いにするように心がけ、相手だけでなく周囲に対しても好意を持っていることがバレないように細心の注意を払ってくださいね!

具体的な特別扱いとしては、例えば他の人よりも彼女に対して優しく接する、他の人には苗字で呼んでいるのに彼女にだけは名前や愛称で呼ぶ、彼女にだけ笑顔で接する…どれも周囲から見るとあからさまに感じてしまうので注意しましょう。

恋愛方法3・些細な変化にすぐ気づく

毎日ついつい目で追ってしまっていると、彼女の些細な変化に気付くものです。

髪の色が変わったり、少し髪をすいていたり、香水が変わったり、アクセサリーが変わったり…

好意を持っている相手ですから、貴方にとっては大きな変化に感じるかもしれませんね。

しかし、好意を持っていないとわからないような変化にも気付くようになってしまうため、うっかり変化を彼女に伝えてしまうととても驚かれてしまいます。

もしかすると彼女の友達よりも敏感に変化に気付くほどの域に達している可能性もありますので、くれぐれも彼女に変化のあったことを伝えてはいけません。

好意を持たれていると悟られるのもまずいですが、「もしかして私のストーカーなの?」と不審に思われてしまうのもまずいですからね。

些細な変化に気付いても不審に思われないのは家族ぐらいなので、怪しまれないように注意を払う必要があります。

もし彼女の些細な変化を見つけても、彼女には言わずに胸の内にしまっておきましょう!

恋愛方法4・過去の言動を逐一覚えておく

意中の女性との毎日はかけがえのないものなので、彼女とのちょっとした会話や言動って覚えていますよね。

しかし、それは女性に対して好意を持っているから覚えてるのであって、好意を抱いていない女性に対しては過去の会話や言動を覚えていることはほとんどありません。

そのため、彼女との会話の中で、彼女も覚えていないような過去の言動について触れてしまうと、「どうしてそんなことを覚えているの?」と不審に思われてしまいます。

過去の言動を覚えていること自体は問題ないのですが、それを表に出してしまうとリスクが発生してしまいます。

意中の女性との関わりは、貴方にとってとても大切なものでしょうし、きっと彼女にも同じであって欲しいと思っていることでしょう。

これが独身女性との恋愛なのであれば、それを彼女と共有することで彼女に対するアピールになりますし、貴方の真剣な想いが通じるかと思います。

しかし、残念ながら意中の彼女は既婚女性であり、彼女に自分の想いを気付かれるわけにはいきません。

うっかり相手に好意を持っていることを悟られないように気を付けましょう…!

【既婚者 好きバレ】浮気

既婚女性に対して好意を持つことは何も悪いことではありません。

では、好意を持つだけでなく、既婚女性に対してアプローチをしたらどうなるでしょうか。

もし女性が既婚ではなく独身であれば、成就すれば幸せになり、失恋したら落ち込む…ごくごく一般的な恋愛の結末を迎えることになるしょう。

失恋して酷く落ち込んでしまうかもしれませんが、失恋によってまた経験を重ね、また人間として大きく成長できたと鼓舞して次に進むことができます。

しかし、女性が既婚者であった場合は、成就するよりも失恋してしまった方が結果的に良かったと思えるような展開になることも少なくありません。

それだけ、既婚の女性に対してアプローチをかけ、成就することは大きなデメリットやリスクを伴うということです。

具体的にどのようなデメリットやリスクがあるのかチェックしていきましょう!

【既婚者 好きバレ】浮気

・デートできる範囲が限られる

・相手は遊びで本気はない可能性も

・社会的立場や人間関係を壊してしまう

・慰謝料請求をされる可能性がある

浮気について1・デートできる範囲が限られる

最初に申し上げておかなければいけないのは、独身である貴方にとっては純粋な恋愛かもしれませんが、相手の既婚女性からしてみれば、貴方とのお付き合いは浮気であり不倫となります。

これは既婚女性ではなく、既婚だとわかっていながら行動している貴方にも責任が問われることを忘れないようにしてください。

従って、周囲に貴方と既婚女性がお付き合いしていることは絶対にバレてはいけない、ということになります。

遊園地や映画館、アウトレットモールでのショッピング…もしこのようなオープンなデートをしたいと考えているのであれば、周囲にバレないようにするために県外やさらに遠くの場所を選ぶ必要があります。

もし近場で気軽にデートをするとなると、人が少ないアウトドアや貴方の部屋での映画鑑賞など、デートができる範囲が限定的になってしまいます。

外出できてかつ2人だけの空間を求めるのであれば、ホテルが一番都合が良さそうですが、「これはデートなのだろうか?」という気持ちになってしまうかもしれませんね。

浮気について2・相手は遊びで本気はない可能性も

これは貴方にとってのデメリットとなるポイントです。

男性女性関係なく、独身から既婚になると生活はガラリと変わってしまいます。

今までは何でも自由で自分が好きなように決められたことでも、パートナーの考え方や好み、都合に配慮しなければいけなくなるので自由が利かなくなります。

そのため、結婚生活に対してストレスが溜まるようになり、上手く発散できる場所を求めるようになります。

打ちこめる趣味や、上手にストレスを発散する方法を知っていれば問題ないのですが、不倫や浮気によって結婚生活のストレスを解消しようとする人は少なくありません。

つまり、相手のことが好きだから不倫や浮気をするのではなく、単にストレスを発散させたいから不倫や浮気に走るケースも多いということです。

どれだけ貴方は本気で好きだったとしても、既婚の女性にとってはストレス発散の手段でしかないかもしれません。

これはあくまで可能性の話ですが、そういう可能性もあるということを認識しておく必要はあるでしょう。

浮気について3・社会的立場や人間関係を壊してしまう

何とか周囲にバレないように上手くお付き合いができていれば良いのですが、不倫や浮気がバレてしまうと大変なことになります。

もし相手の旦那さんが会社の上司だった場合、貴方は会社内でとても窮屈な思いをすることになるでしょう。

おそらく解雇になるようなことはありませんが、会社中に噂は広まるでしょうし、間違いなく上司は貴方のことを冷遇することになるでしょう。

社内でなく取引先に関係するような相手だった場合は、不倫や浮気が原因で取引先との関係が悪化して会社に迷惑をかけてしまう恐れもあります。

会社に不利益をもたらした場合は、解雇される可能性は十分にあると考えて良いでしょう。

仮に相手が会社とは関係のない人だったとしても、何らかのルートで貴方が不倫や浮気をしたとわかれば、人としての信用を失うことになります。

貴方の知らないところで誰かが巻き込まれてしまうことだって考えられますので、実は貴方が思っている以上にリスクは高いということを認識しておかなければいけません。

浮気について4・慰謝料請求をされる可能性がある

不倫や浮気は、決して不可抗力ではなく、防ごうと思えば防ぐことができる行為です。

そのため、もし相手の旦那さんにバレた場合は、家庭を壊したとして慰謝料を請求される可能性は非常に高いでしょう。

もちろん慰謝料を請求するためには、肉体関係にあったこと、つまり不貞行為があったことを裏付ける証拠が必要となりますが、相手の女性が家庭内で不審な行動をとっていたら、旦那さんが探偵などを雇って証拠集めをおこなっている可能性があります。

慰謝料を請求された時点で不貞行為の証拠が揃っているということなので、まず免れることは難しいでしょう。

出会い系サイトなどで知り合って互いの素性を知らなかったのであればまた話は別ですが、もし貴方が既婚だと知らなかったと言ったところで、おそらく相手の女性は正直に自白してしまうでしょうから、後からウソで塗り固めようとしても無駄な行為です。

ちなみに慰謝料の相場ですが、状況によってまちまちですが、数十万円から300万円程度と言われています。

相手の旦那さんとの交渉で話が収まれば示談で済みますが、合意に至らなかった場合は民事訴訟に発展し、貴方の不貞行為は公となってしまいます。

既婚女性との恋愛は、「好きだから付き合ってただけ」というような純粋な恋愛ではなく、リスクとデメリットがひしめく危険な恋愛であるということを覚えておきましょう。

【既婚者 好きバレ】対処方法

既婚女性に対して好意を持っていることがバレてしまう「不覚な行動」についてご紹介しましたが、では彼女に対してどのように振る舞えば良いのでしょうか。

気を付けなければいけないことがわかっても、いざどのように考え、行動していけば良いのかわかりませんよね。

そこで、具体的にどのように振る舞っていけば良いのか、そして自分の中で気持ちを処理していけば良いのかをご紹介したいと思います。

いろいろご紹介しますが、どの内容も基本となっているのは「彼女との気持ちの距離をとる」ということです。

好意を持っていることは決して悪いことではありませんが、表に出すとリスクを伴ってしまうことを考慮すると、今後のことを考えていく必要があるでしょう。

【既婚者 好きバレ】対処方法

・考えすぎない

・いつも通りの接し方に徹する

・一方的なアプローチは厳禁!

・少しだけ距離をとる

対処方法1・考えすぎない

意中の彼女が既婚女性となると、彼女に対する好意をどうしたら良いのか考えすぎてしまう傾向にあります。

特に男性は一つのことに対して深く考えがちですが、既婚女性に対する恋愛はとても難易度が高く、多くの人を不幸にしてしまう危険性があることから考えすぎるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、だからといって考えすぎて解決できることなのか?と、実は考えたところで解決するようなことではないかもしれません。

あまり深く考えすぎると、考えの幅が狭まってしまい柔軟な発想が出てこなくなりますし、同じ悩みが永遠にループするだけで精神的にも支障をきたす恐れもあります。

自分の恋愛なので自分本位で考えも良いのですが、恋愛とは相手がいてこそ成り立つことなので、一度彼女の立場になって考えてみるなど視点を変えてみるのも良いかもしれませんね。

対処方法2・いつも通りの接し方に徹する

これは先ほどの「不覚な行動」でも取り上げましたが、とどのつまり好意を持っていることがバレないようにするにはいつも通りの接し方に徹するのが一番です。

変に気を遣ったり、言葉の表現を気をつけたりすると、接し方そのものが不自然になってしまい、周囲から見ていても「あの二人何かあったの?」と疑念を抱かれる恐れがあります。

いつも通りに接することを意識すると全然いつも通りにならないので、先述したようにあまり深く考えず、他の人と同じように接することを意識してみると良いでしょう。

ちゃんといつも通りの接し方ができているかどうかは、彼女や他の人の反応を見れば自ずとわかります。

いつも通りに接していれば、それに対する反応も違和感のないものになるはずです。

もしいつも通りに接ししているつもりでも違和感がある場合には、きっと彼女や周囲の反応にはぎこちなさが出るでしょう。

自分の周りの反応に意識しながら会話や行動をしていくと、自分がどんな振る舞いをしているかわかりやすくなります。

対処方法3・一方的なアプローチは厳禁!

彼女に対する好意が抑えられないからといって、一方的にアプローチすることは絶対にやめましょう。

そもそも意中の彼女が貴方に対して好意を持っているかどうかなんてわかりませんから、もし好意を持っていなかった場合は嫌がられる可能性はとても高いです。

仮に相手も好意を持っていたとしても、相手は既婚女性であるわけですから、あからさまな態度でOKをしてくるようなことはないでしょう。

つまり、一方的にアプローチすることは、貴方にとってもリスクですし、相手にとってもリスクがあるということです。

相手からしてみれば、「どうして私は既婚なのにアプローチなんてしてくるの?」と思うでしょう。

そもそも決してオープンにできるような恋愛ではないことを自覚し、行動していく必要があると言えます。

貴方の気持ちはわからなくないですが、それによって事態がプラスに働くことはありませんし、大抵はマイナスにしか働きませんので、気を引き締めていきましょう!

対処方法4・少しだけ距離をとる

ここでいう距離とは、心の距離ではなく「物理的な距離」です。

いつも彼女のことを考えてしまうのは、彼女との接点があって、彼女と関わる環境があるからです。

彼女との接点が減れば、今まで見えていなかった世界に出会えるかもしれませんし、もっと素敵な出会いが待っているかもしれません。

自分の気持ちの中に、彼女以外の何かが入り込むスペースができたなら、それは新しい自分になるためのきっかけになる可能性だってあります。

彼女と少しだけ距離をとることで、客観的に自分を見つめ直し、本当に彼女は自分にとって必要な存在なのか、もっと他に選択肢がないのか、自分と対話してみると良いでしょう。

もちろん、彼女に対して好意を持っていることを無理に否定する必要はありません。

何でもそうですが、無理矢理しようとすると返って逆効果になってしまう恐れがあります。

彼女と物理的な距離をとることで、心の距離も少しとってみると、新しい何かに出会えるかもしれませんよ!

【既婚者 好きバレ】デメリット

それでは最後に、既婚者の女性に好意を持っていることが相手にバレてしまった時のデメリットを解説していきたいと思います。

どれだけ貴方が彼女に対して好意を持っていたとしても、彼女がその好意を受け止めてくれる確率は低いでしょう。

なぜならば、彼女は既婚であり、簡単に好意を受け止めてしまっては旦那さんに対する裏切り行為になってしまうからです。

つまり、独身女性よりも遥かにハードルが高いということを認識しておく必要があります。

彼女に好意を持っていることがバレるということは、非常に多くのデメリットがありますので、具体的にどのようなデメリットがあるのかチェックしていきましょう!

【既婚者 好きバレ】デメリット

・相手から避けられる

・相手以外の人間関係が壊れる

・気持ちの面で落ち着かない

・緊張感がストレスになる

デメリット1・相手から避けられる

貴方の彼女に対する好意がバレた時、最も多いであろう結果が「相手から避けられるようになる」という結末です。

どうして避けられることが最も多い結末なのか、その理由は先述した通り彼女が既婚者であるからです。

もし彼女が貴方に対して好意をいなかった場合、好意がバレてしまったら最初に抱く感情は「困った」でしょう。

自分は既婚者で旦那さんと上手くやっているのに、自分に対して好意を持っている人がいる、しかもそれが近しい人だったら当然困ってしまいますよね。

なるべく貴方と接することがないように、できるかぎり貴方のことを避けるように意識するのは自然だと言えます。

一方、もし彼女が貴方に対して好意を持っていたとしたら、おそらく家庭や旦那さんと上手くいっていないと推測できます。

旦那さんと仲良しだったら、貴方に対して好意を持つはずはありませんからね。

しかし、貴方に対して好意を抱いているからといって、公然と好意を持っていると言えるはずがありません。

なぜなら彼女は既婚者であり、そう簡単に裏切り行為を働くことに対しては抵抗があるはずだからです。

もう関係の修復が不可能であれば話は別ですが、彼女が貴方に好意を持っていたとしてもほぼ避けられることになってしまうでしょう。

デメリット2・相手以外の人間関係が壊れる

意中の彼女に好意がバレてしまい、何らかの関係に発展してしまうと、彼女以外の人間関係が壊れてしまう恐れがあります。

先ほど慰謝料の請求のお話をさせて頂きましたが、発生するリスクはお金だけではありません。

相手の彼女は旦那さんと離婚をすることになってしまうかもしれませんし、それによって友達も愛想を尽かせて離れていってしまうかもしれません。

そしてそれは貴方に対しても同じことが言えます。

離婚問題に発展すれば、貴方は一つの家庭を崩壊させた男として周囲から見られることになるでしょう。

場合によっては、自分や相手の親が出てくることもあり、さらに親戚にまで話が広まる恐れだってあります。

こういう話は面白半分で広める人も多いので、いろいろな人に迷惑をかけることになってしまいます。

それが職場であれば、降格や人事異動の可能性もありますし、会社に不利益が発生してしまうともっと重い処分が下る恐れもあります。

既婚者との恋愛は、お金はもちろん、お金以外の問題ももたらしますので、くれぐれもバレないようにしないといけないのです…!

デメリット3・気持ちの面で落ち着かない

「意中の女性に対して、自分が好意を持っていることがバレてしまった…どうしよう…」

よっぽど自分に自信があるのであれば良いですが、彼女がどのような反応をしてくるのか落ち着かない日々が始まります。

そもそも彼女が自分のことをどう思っているかわかりませんし、意図してバレたわけではないでしょうからね。

貴方にとってはかけがえのない時間が流れていたと思いますが、これからは彼女の反応に怯えなければいけません。

既に結婚しているわけですから、OKが貰える可能性が低いとわかっていながらも、心のどこかでは期待している自分もいて、色々な感情が入り混じって落ち着かなくなってしまうことでしょう。

実際に先ほど申し上げたように、既婚の女性がOKをする確率はかなり低いということもあり、成功率は非常に低いです。

彼女とのこれからの関わり方が変わってしまうのではないか、彼女に嫌われてしまうのではないか、というような不安にさいなまれることになるので、どうしても落ち着かなくなるのは自然だと言えます。

デメリット4・緊張感がストレスになる

既婚の女性に対する好意がバレてしまうと、気になるのは彼女に対してだけではなく、周囲の目に対しても気になるようになってしまいます。

そもそも好意がバレてしまうということは、少なくとも周囲も怪しいと思っていた節があったのではないかと思います。

貴方自身や好意を向けられている彼女にとっては自分事ですが、周囲の人は完全に他人事なので、面白がって今まで以上に貴方たちのことを注目するようになることでしょう。

すると、常に自分の彼女に対する態度や言動を見張られているような感覚になってしまい、妙な緊張感が走ってしまうようになります。

人の噂も七十五日と言われるくらいですから、好意を持っているということがバレたぐらいでは、きっと周囲からの視線が続くのも一時的なものかもしれません。

しかし、その間はずっと緊張感にさいなまれてしまうため、とても大きなストレスがかかってしまうことを覚悟しておかなければならないでしょう。

【既婚者 好きバレ】まとめ

独身だろうが既婚者だろうが、彼女のことを好きになってしまうことは仕方のないことかもしれません。

しかし、独身なのか既婚者なのかによって、その恋愛の行方は大きく異なることになります。

特に既婚者との恋愛は、当事者だけでなく周囲を巻き込むこととなり、ほとんどの場合は不幸な結末を迎えることになってしまいます。

好意を持つということそのものは悪いことではありませんが、それが彼女に伝わってしまったり、周囲に勘づかれたりしてしまうと、これまでの生活は一片することになります。

今、もし独身の貴方が既婚の女性を好きになってしまっていたら、それがどういう意味を持っており、将来どのような未来を描いていくのかは、今回の記事を参考にしてください。

関連ページ【既婚者の恋】既婚者に恋をした男(妻帯者)の特徴

関連ページ【既婚男性の気持ち】好意を感じる行動とサイン

関連ページ【既婚者との恋愛】結婚しても恋したい感情・好きになってはいけない人

関連ページ【既婚者恋プラトニック】既婚女性と既婚男性の不倫(精神的不貞)

関連ページ【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面

タイトルとURLをコピーしました