【男友達がほしい】彼氏は必見/その方法と異性の紹介について

love

「彼氏が欲しい」と思っている女性も多いですが、現代では、「彼氏はいらない」と考えている女性も非常に多いと考えられています。

その割合はおよそ40%で、5人に2人は彼氏を欲していないのです。

確かに、「女友達といた方が楽しいし気を使わなくていい」といった考えもわかりますし、現代ではネット社会ゆえに1人でも楽しく暮らしていける環境であると言えます。

しかし、実は「彼氏はいらないけど男友達は欲しい」と考える女性はかなり多いと考えられています。

彼氏とは違ったメリットがあるため、そうした出会いを求めているのです。

この記事では、そんな「男友達を作るメリット」や「具体的な作り方」について解説していきたいと思います。

この記事でわかること

☆男友達を作るメリットがわかる

☆男友達の作り方や方法がわかる

☆彼氏がいらない理由がわかる

  1. 【男友達がほしい】女性は必見!
    1. 男友達を作るメリット
      1. 恋愛相談で男心を教えてもらえる
      2. 無理して可愛く見せる必要がない
      3. イベントでプレゼントを買わなくて済む
    2. 男友達ができない原因
      1. 男性側が異性として見てしまう
      2. 自分が男友達を異性として意識してしまう
    3. 男友達が多い女性の特徴
      1. ノリが良い
      2. あざとい女子
    4. 男友達を作って友達の幅を広げる
  2. 【男友達がほしい】方法や作り方
    1. 男女グループでの遊びに参加する
    2. 同窓会に参加する
    3. 会社の同僚などとご飯に行く
    4. 習い事を始める
    5. SNSを利用する
  3. 【男友達がほしい】彼氏はいらない
    1. 男友達が欲しい女性の本音と心理
      1. 気軽に遊びに行けるから
      2. マウンティングや嫉妬がないから楽
    2. 男友達が欲しい女性は男性から見るとどう思われるのか
      1. もしかしたらいつか恋人になれるのではないかと期待している
      2. 常に彼氏がいないから誘いやすい
    3. 彼氏はいらないけど男友達が欲しい女性の注意点
      1. 女性らしさを極力抑える
  4. 【男友達がほしい】男性の紹介
    1. メリットは信用があること
    2. デメリットは自分のタイプではない場合があること
    3. 異性に紹介してもらう時の注意点
      1. 男友達になりたいタイプを事前に伝えておく
      2. 紹介してくれた友達にはっきり意思を伝える
  5. 【男友達がほしい】募集
    1. 安全・無料で使えるコミュニティサイト(友達作りサイト)を選ぶ
    2. 男性ウケの良いプロフィールを作成する
    3. オススメのサイトを複数並行して利用する
      1. ハッピーメール
      2. PCMAX
      3. イククル
  6. 【男友達がほしい】まとめ

【男友達がほしい】女性は必見!

女性の中には、「女友達は何人も欲しいけど、男性は恋人1人いれば十分」と考えている人もいますが、「何人か男友達も作りたい」という女性も多かったりします。

彼氏が欲しい人でも、実は良く考えてみると男友達がいれば十分だったりもします。

男友達がいると、色々と便利なこともあるので、非常におすすめなのです。

男友達を作るメリット

それでは、実際に男友達を作るとどのようなメリットがあるのかを挙げてみましょう。

「男友達はいらない」と考えている女性も、そのメリットを知ればもしかしたら男友達を作りたくなるかもしれませんよ。

恋愛相談で男心を教えてもらえる

本気で好きな男性ができた時、「男の人の気持ちが分からない」と悩む女性は多いですよね。

そんな時に気軽になんでも喋れる男友達がいると、女性の友達でも分からないような事も相談できますよね。

男性ならではの視点でアドバイスをくれるので、とても参考になるはずです。

そういった意味では、男友達は誰でも良いわけではなく、ある程度恋愛経験が豊富な人の方が良いと言えるでしょう。

また、その男友達を通して、男性との接し方がわかりやすくなることもあります。

男性に慣れていなくて、本気で好きな男性と話すのに緊張するという人も、男友達への恋愛相談を通して男性慣れしていきましょう。

無理して可愛く見せる必要がない

彼氏の前では、やはり「最高の自分」を常に見せたいと思ってしまいますよね。

しかし、日々のダイエットやスキンケア、お出かけ前のメイク、着て行くファッションなど、かなり気を使い疲れてしまうのが正直なところです。

「女の子だからそれくらいして当然」と思える女性であれば問題ありませんが、「正直しんどいと思う時もある」という女性も多いことでしょう。

ただし、これが「男友達」だったならばどうでしょうか?

一応異性であるがゆえに、最低限度の清潔感や身だしなみは必要ですが、彼氏とは違いそこまで気を張らなくても会えますよね。

無理して可愛く見せる必要がないので、より自然体で暮らしていくことができることでしょう。

彼氏がいる場合は、ドキドキ感を味わえる一方で、喧嘩をしてしまったり、上手くいかない期間に不安や悩みを抱えてしまったりと、意外とストレスになることも多くなるものです。

男友達だけであれば、大きなストレスを感じることなく日々を楽しむことが可能です。

イベントでプレゼントを買わなくて済む

恋愛をしていると、彼氏の誕生日にプレゼントをあげますし、クリスマスやバレンタインなどでもプレゼントを用意しなければなりませんよね。

もちろん、好きな相手ですから何度もプレゼントしたい気持ちにはなりますが、現実的には経済的に「きつい」ですよね。

彼氏の誕生日が11月~2月の間ならば、誕生日とクリスマス、バレンタインデー(近年はハロウィンも)などが重なるので、かなり出費が大きくなってしまいます。

しかし、男友達であれば、高価なプレゼントを上げる必要はありませんし、もしあげたとしても1,000円程度の物で十分でしょう。

まだ学生の人や社会人になったばかりの人にとっては、高価なプレゼントはかなり経済的に厳しいので、そういった意味でも男友達の方がメリットがあると言えるでしょう。

男友達ができない原因

ここまでの解説で、「そう言われてみれば男友達の方がメリットは大きいかも」と感じる人もいるはずです。

しかし、男性ならば誰でも良いというわけではないので、意外と男友達を作るのは難しいかもしれません。

「男友達を作ろうとしたけどなかなかできない」と悩んでしまう女性もいるはずです。

考えられる「男友達ができない原因」としては、以下のようなことが挙げられます。

男性側が異性として見てしまう

自分自身が「あ、この子と友達になりたい」と感じたとしても、相手の男性が同じように思うとは限りません。

相手の男性が「彼女がほしい」「女友達がほしい」などの精神的なタイミングも重要です。

「男女の友情は成立するのか?」という永遠のテーマがある通り、途中で異性として好きになってしまうケースも多いのです。

特に男性は、かなり高い確率で好きになってしまうので、意外と男友達の関係を維持していくのは難しいものなのです。

嬉しい悩みかもしれませんが、異性であることは忘れず、一定の距離感を保ちながら男友達と接することが、良好な関係を続けるコツになります。

自分が男友達を異性として意識してしまう

男性ほどではありませんが、女性も異性として意識してしまう可能性があります。

特に落ち込んだ時などに励まされたり傍にいて優しくされたりすると、恋心が芽生えてしまう可能性もあるのです。

どちらかが意識した瞬間に、友情は成立しなくなります。

もちろん、そうした感情を押し殺しながら友達関係を続けていくことはできますが、かなり精神的に苦しくなってしまうでしょう。

気楽に付き合いたいから男友達を作ったのにもかかわらず苦しくなってしまうのでは、本末転倒ですよね。

自分の中で、一線を超えない意識をすればするほど、異性として意識してしまうのが、男女関係の難しさでもあります。

男友達が多い女性の特徴

男友達を作ろうとしてもなかなかできないといった女性がいる一方で、何人もの男友達と上手に付き合っている女性もいます。

そういった女性は、特定の彼氏はいなくてもとても楽しそうに感じますよね。

男友達が多い女性の特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

ノリが良い

女性は基本的に下ネタが嫌いですよね。

しかし、男友達の多い女性はノリが良いので、たとえ男友達が下ネタを言ったとしても、一緒に笑いあったり、「マジ最悪」とノリ良くツッコんだりすることができます。

また、男性の高めのテンションにもオドオドせずしっかりとリアクションが取れるので、男性側も気を使わなくて済みます。

こういった女性は、本音もズバズバと男性に言えるので、男性としても友達として付き合いやすいのです。

男友達からおバカなノリ話を振られたら、変顔なども恥ずかしがらずにできてしまいます。

ただし、いくら男友達と言え、下ネタはどうしても受け付けないという人であれば、友達関係になる前に、どういったタイプの男性か把握してから仲良くなることをおすすめします。

特にお酒の場など、ハメを外しやすい場での様子はよく観察しておくことが大切です。

あざとい女子

このタイプの女性は、女性のかわいらしさをあえて見せることで、男友達からチヤホヤされるように付き合い方をします。

前述したノリの良い女性とは違い、下ネタなどの話になったら本気で恥ずかしがりますが、決して「軽蔑するような嫌がり方」はしません。

また、男友達全員に同じように接するので、特別な関係にならないように気を付けている面もあります。

男性陣もこういった女友達が1人いるだけでとてもその場が楽しくなるので、全員で一定の距離を取りながら友達関係を維持させていくのです。

無理してあざとく振る舞う必要はありませんが、自然とできる人であれば、男友達はできやすい性格だと言えるでしょう。

男友達を作って友達の幅を広げる

男友達を1人でも作ると、その男友達の交友関係も影響してきます。

その男友達の友人を含めた数人で遊ぶことも増えるので、必然的に男友達の数も多くなっていくのです。

大勢の友達と一緒に行うバーベキューやスポーツ、イベントは、本当に楽しく思え、仲も一気に縮まりますよね。

そういった意味では、「まず1人男友達を作ること」がとても重要になると言えるでしょう。

その後は、自然と男友達の人数は増えていくはずです。

その中で、本当に気の合う男友達を見つけ、関係を続けていく方法が効率の良い男友達の作り方と言えるでしょう。

【男友達がほしい】方法や作り方

職場に同世代の男性がいれば、その男性と仲良くなることで友達関係になれますよね。

しかし、同世代とはいえ気が合わなければ友達にはなれませんし、そもそも同じ会社に同世代の男性がいないケースもあります。

そういった場合には、自ら積極的に行動して男友達を作る努力をしなければなりません。

考えられる方法としては、以下のようなことが挙げられます。

男女グループでの遊びに参加する

周囲に男女でよく遊んでいるグループがいたとしたならば、そのうちの誰か1人とでも良いので仲良くなってみましょう。

そうすることで、自然とそのグループでの遊びに参加できるようになっていき、そのうち男性の友達も増えていくはずです。

ただし、男女グループの場合は、恋愛に発展する可能性も高くなってしまうので、接し方には注意が必要です。

特定の男性と会話をしたり連絡を取ったりするのではなく、男性全員に同じように接するようにします。

そして、「もしかしたら私に好意を持っているかも」と思った男友達とは、意識的に距離を取るようにしましょう。

同窓会に参加する

回数は多くないですが、同窓会は男友達を作る絶好の機会です。

「同じクラスだった」という最高の共通点があるわけですから、会話ネタには困りませんし、スムーズに友達関係になることができることでしょう。

学生時代の話は、話していて楽しい気持ちになる人が多いです。

少し恥ずかしい過去を知られていたとしても、そのぶん距離は近い所から会話ができるので、気を遣わずに会話もできます。

職場など日常生活の中では、なかなかすることのできない会話ですし、気分転換にもなりやすく、同じクラスだった男性と友達になることはメリットが多くあります。

ただし、異性として意識する可能性も高くなるので、その点は注意が必要です。

会社の同僚などとご飯に行く

男性の友達というと、同世代を想像しますが、意外と少し下の世代や上の世代の男性とも友達関係になれたりするものです。

同世代だと恋愛対象として意識する確率が高くなってしまいますが、少し年齢が離れていると、お互いがそういった感情にならずに友達として付き合えたりします。

特に共通の趣味を持っている人とは、年齢が離れていても友達になりやすいので、積極的にご飯や飲みに行き話をしてみましょう。

会社の同僚や上司など友達になることができれば、毎日のように会社で会うことができるので、一気に暮らしが楽しくなっていくはずです。

また、困った時や悩んだ時にも異変にすぐ気が付いてくれるので、非常に頼りになる存在になることでしょう。

あまりにも2人で一緒にいると、周囲から「お前たち付き合ってるのか?」と疑われてしまう可能性もあるので、その点だけは注意しましょう。

習い事を始める

現状友達になれそうな人がまったくいないのであれば、習い事などを始めてみるのもおすすめです。

ただし、お料理教室といった女性が多い習い事の場合は、男性との出会いがほとんど期待できないので、男性の割合が一定以上ある習い事にしましょう。

同じ習い事という共通の話題があるので、スムーズに仲良くなることができるはずです。

ただし、この方法もどちらかが異性として意識してしまう可能性があるので注意が必要です。

習い事で特定のスキルをUPさせることができますし、男友達ができる可能性もあるので、まさに一石二鳥であると言えるでしょう。

おすすめは、「英会話」や「ゴルフ」、「テニス」、「ボルダリング」などです。

特に英会話は、ビジネスにも役立ちますし、旅行に行った際や日本で外人に話しかけられたりした時などプライベートにも好影響です。

他には、「スポーツジム」もおすすめです。

数ヶ月も通っていれば、同じ曜日や時間帯に利用しているジム仲間が自然とできますし、ジムのトレーナーや受付スタッフなどとも仲良くなれるので、自然と友達になれたりもします。

SNSを利用する

TwitterやInstagramといったSNSは、近場に住んでいる人と繋がるのは難しいかもしれませんが、「共通の趣味を持った友達」を作るには最適です。

むしろ、物理的に距離があるからこそ、恋愛関係になりにくく、友達関係を作りやすいとも言えます。

特定の趣味がある人は、Twitterで簡単に同じ趣味の人と繋がることができるので、その中から仲良くなれそうな男性を選んで友達になってみましょう。

おすすめは、「推し活」の友達を作ることです。

アーティストやアイドル、俳優さんといった推しが一緒の友達を作ることで、一緒に盛り上がることができます。

一緒にライブに行ったり、試写会に行ったりなどもできますし、1人だけでなく同じ推し活をしている友達もたくさん作ることができることでしょう。

人によっては「全国に推し活友達がいる」といった人もいるものです。

【男友達がほしい】彼氏はいらない

「彼氏はいらないけど男友達が欲しい」と感じている女性の中には、まわりにどんな風に見られているのか不安になる人もいることでしょう。

「本当は彼氏を作った方が幸せなのかな」と不安になる気持ちがたまにあったり、「男たちにチヤホヤされたいから彼氏作らないのかな」と思われてしまうかもと不安になったりもするはずです。

男友達が欲しい女性の本音と心理

「男友達が欲しい」と感じている女性には、以下のような本音が隠されているはずです。

気軽に遊びに行けるから

彼氏の場合はデート内容もそうですし、メイクや服装などもしっかりと考えて準備しなければなりません。

好きな人とデートができる幸福感は味わえますが、疲労感はとても大きくなってしまいます。

翌日疲れを残したまま、仕事へ向かうなんてこともよくある話ですよね。

しかし、男友達との遊びであれば、そこまで気を使う必要がなく、気軽に遊びに行けるといったメリットがあります。

彼氏だったら言えないような「あそこに遊びに行きたい」といったわがままが言えるのも男友達ならではのメリットであると言えるでしょう。

仕事で嫌なことがあってストレス発散がしたい時、気兼ねなく誘える男友達がいると助かりますよね。

マウンティングや嫉妬がないから楽

女友達は、同性ならではの楽しさが味わえる一方で、「マウンティング」や「嫉妬」を感じるケースも多かったりします。

女性の中には、そういった部分がめんどくさくてあまり女友達を作らないという人もいるくらいです。

要するに、女友達の場合は「ライバル感」が出てしまう可能性があるということです。

また、1番恐ろしい話が、相談していた女友達に好きな人を取られてしまったというパターン。

一見、ドラマの中だけの話と思いきや、以外と身近な所でもよく聞く話で、決して他人事ではありません。

男友達の場合は、そういったライバル感がまったくなく、マウンティングすることも嫉妬することもないので、気楽に付き合えるのです。

男友達が欲しい女性は男性から見るとどう思われるのか

彼氏を作らずに男友達だけ欲しいという女性は、男性からどのような印象を持たれるのか気になりますよね。

もしかしたらいつか恋人になれるのではないかと期待している

女性側は友達だと思っていたとしても、もしかしたら男性側はひそかに想いを寄せている可能性もあります。

そういった男性にとっては、彼氏を作らない女性の姿勢に安心感を覚えるはずです。

彼氏ができてしまえば、猛烈に嫉妬心が芽生えてしまいますが、彼氏を作らない考えなので嫉妬心を持たず友達として安心して付き合っていくことができます。

ただし、「いつか彼氏になりたい」という想いを抱く可能性があるので、そういった意味では最高とも言えないでしょう。

彼氏がいない分、「もしかしたらいつか恋人になれるのでは」と期待してしまう傾向にあるでしょう。

普段からハッキリと、「彼氏は絶対作らない」と宣言するのもおすすめです。

こうすることで、男友達は「もしかしたら」という感情を打ち消すことが可能となります。

友達としてより割り切った関係でいられるので、深い友情が芽生える可能性も高いでしょう。

常に彼氏がいないから誘いやすい

彼氏を作らない主義の女性は、男性からすると気兼ねなく遊びに誘えるので、とても嬉しいものです。

そもそも男性に興味がないという女性は、男性側からして、とても助かる仲良くなりたい存在です。

特に男友達ばかりと遊んでいると、マンネリしてしまいますが、女友達が1人でも混ざれば一気にその場が明るくなりますし、新鮮な気分で遊べるはずです。

彼氏ができて誘えなくなったといったこともないので、異性でありながら親友のように付き合っていくことも可能なのです。

サバサバしていて、たくましく男勝りな性格の女性が、男性からすると友達になりたい女性と言えるでしょう。

彼氏はいらないけど男友達が欲しい女性の注意点

彼氏を作らず男友達を作りたい女性は、いくつか注意すべきことがあります。

女性らしさを極力抑える

友達とはいえ違う性別となるので、「異性としての特徴」をあまり出し過ぎないように注意しなければなりません。

ミニスカートや胸が強調されるような服装で男友達と会ってしまっては、男性側は自然と女性を意識してしまいます。

男友達と長期間友人関係を続けるのであれば、そういった「女性らしさ」を極力抑える工夫が必要であると言えるでしょう。

スカートなどはあまり履かずに、パンツスタイルが基本で、服装も薄着すぎず胸が強調されないようなビッグシルエットのTシャツやトレーナーなどを着るようにしましょう。

このような格好であれば、例えば飲み会などで距離が近くなった時でも、女性を意識しにくくなるはずです。

男性は普段意識していなくても、距離が近づいたシチュエーションで急に女性として意識してしまう傾向にあります。

実際に友達関係なのに関係を持ってしまったというケースも多いので、できるだけ近づいたときに男性をムラムラさせないように気を付けましょう。

【男友達がほしい】男性の紹介

友達の紹介で男性と仲良くなるケースもありますが、手軽で良いことばかりではなく、それなりにリスクがあるのも確かです。 そんな友達の紹介で男性と友達になるメリットとデメリットを挙げていきましょう。

メリットは信用があること

友達の紹介で男性と仲良くなるケースでは、「信用」があるのでとても付き合いやすいといったメリットがあります。

紹介などではなく、普通の出会いなどでは、意外とガツガツ来る男性も多かったりします。

最初は友達のように接していたにも関わらず、いつの間にか異性として見られていて、2人きりになった時に押し倒されてしまうといったことも起こりやすいのです。

しかし、友達の紹介であれば、そういったリスクはほとんどなく、男性であっても安心して友達関係を築くことができます。

もしも相手が異性として好きになってしまっても、信用があるので押し倒すようなことはせず、「好きになってしまったんだよね」と会話で解決しようとすることでしょう。

デメリットは自分のタイプではない場合があること

男友達が欲しい女性も、どんな男性でも良いわけではなく、「気の合う男友達」を求めています。

しかし、友達の紹介だと、必ず一緒に遊びに行ったり、連絡先を交換しなければならないので、「自分が欲しい男友達のタイプではない場合」に困ってしまいます。

紹介されたにもかかわらず、「なんか合わなそうだから友達にはならない」とは言いにくいですよね。

とはいえ、そのまま無理やり友達関係を続けていくのも精神的にしんどいはずです。

少しずつ連絡を取る機会を少なくして、フェードアウトしていくことが無難です。

相手も薄々気づいてくれるでしょう。

このような手間も必要となるので、紹介された男性が自分の求める男友達のタイプではないケースは、完全にデメリットであると言えるでしょう。

異性に紹介してもらう時の注意点

もしも友達の紹介で男性を紹介してもらうならば、以下のようなポイントに注意しましょう。

事前に友達と話をしておくことで、前述したようなデメリットを回避することができるはずです。

男友達になりたいタイプを事前に伝えておく

男性を紹介してもらう前に、必ず「男友達になりたいタイプ」を事前に伝えましょう。

こうすることで、友達も紹介するべきかどうかの判断ができるはずです。

明らかに合わなそうな男性であれば、紹介を丁重に断りましょう。

そして、良好な友達関係を築くためには、女性だけでなく双方がストレスなく付き合えることが重要です。

それゆえに、男性側の好みもしっかりと友達が事前に聞いておくことも大切です。

趣味はもちろん、どのような友達として付き合っていきたいかなど(連絡の頻度や会うペースといった普段の距離感)も確認しておくと良いでしょう。

紹介してくれた友達にはっきり意思を伝える

「せっかく紹介してくれるんだからどんなタイプの男性でも友達としてお付き合いしてみよう」

と、1人も男友達がいない場合、とりあえず早く男友達が欲しくてそんな風に思ってしまいがちです。

しかし、合わない男性と友達になるのはかなりストレスを感じてしまうので、言いにくくてもしっかりと事前に友達に「こういうタイプの男友達が欲しい」と伝えておきましょう。

また、事前にお互いの意思や相性の良さなどを確認し、大丈夫そうであっても、実際に会ってみないと本当に相性が良いのかどうかはわかりません。

もしかしたら、「趣味などは合うけど生理的に受け付けない」といったケースも十分にありえます。

【男友達がほしい】募集

友達の紹介でもなかなか男友達ができなければ、「掲示板が充実したコミュニティサイト」を利用する方法もおすすめです。

安全・無料で使えるコミュニティサイト(友達作りサイト)を選ぶ

コミュニティサイトを利用する場合は、必ずネットなどで調べて評判の良いサイトを選びましょう。

知名度のないサイトでは、安全的に不安があるので避けましょう。

男性ウケの良いプロフィールを作成する

コミュニティサイトを利用して男友達を作る場合には、プロフィール作成をしっかりと行う必要があります。

「○○歳の社会人○年目です。男友達が欲しいです」といったシンプルなプロフィールではなく、より具体的なプロフィールを作成します。

「なぜ男友達が欲しいのか」「どんな男友達が欲しいのか」といった理由などもしっかりと明記しながらも、自分の趣味や性格などをしっかり明記しましょう。

オススメのサイトを複数並行して利用する

1人が1つのサイトしか使えないといったルールはないので、オススメのサイトを複数並行して利用してみましょう。

4つ以上のサイトを同時に利用していると、管理が難しくなってしまうので、2~3つのサイトにしておくとGOODです。

複数のサイトを利用することで、短期間で男友達を作ることができることでしょう。

ハッピーメール

「ハッピーメール」というと、恋愛系の掲示板なのですが、実は男友達を作ることも可能なのです。

なぜならば、「友達募集」の掲示板があるからです。

非常に知名度の高い掲示板なので、会員数が多く、自分の理想に近い男性を探すことが可能です。

メッセージをやり取りしていくだけなので、気軽に始められるのも嬉しいポイントです。

女性であれば無料で利用できるので、出会いの可能性を広げる意味で確実に利用すべき掲示板だと言えるでしょう。

PCMAX

「PCMAX」も、10年以上運営されている非常に知名度の高い掲示板です。

どちらかというとアダルト色が強いイメージがありますが、「ピュアカテゴリー」というカテゴリーも存在するので、男友達を作ることも十分に可能です。

「同世代を募集」や「ゲーム友達募集」、「同じ趣味の人募集」といった目的ごとに探せるようになっているので、効率良く友達候補とメッセージのやり取りができます。

PCMAXも女性の利用が無料となっているので、使わない手はありません。

意外と友達目的の20代~30代の登録者が多いので、すんなりと男友達が作れてしまうかもしれません。

イククル

イククル」は、マッチングアプリの中でもトップクラスの1,500万人の会員数を誇ります。

基本的には恋人探しの人が多いのですが、実は同じ目的の人と繋がれる「募集(掲示板)」機能を使って男友達を作ることができるのです。

イククルには、「ピュア募集」と「その他の募集(アダルト)」2種類の募集(掲示板)があり、それぞれ以下のジャンルに分かれています。

どちらの「募集」を選ぶかによって、自分が欲しい男友達を簡単に探し出せるわけです。

例えば、今から一緒に映画やカラオケに行く人を見つけたい場合、ピュア募集に「今から遊ぼう」と書き込めばOK。

 ちなみに、掲示板の閲覧は1ポイント(10円相当)ですが、掲示板への書き込みは1日あたりの上限はあるものの無料なので安心して使えます。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面

【男友達がほしい】まとめ

今回は、「男友達を作るメリット」や「具体的な作り方」について解説してきました。

男友達を作るメリット

・恋愛相談で男心を教えてもらえる

・無理して可愛く見せる必要がない

・イベントでプレゼントを買わなくて済む

彼氏を作らずに男友達を作るメリットとしては、これらのことが挙げられます。

非常に気楽な気持ちで接することができるので、彼氏を作らなくても楽しく過ごすことができるはずです。

具体的な作り方

・男女グループでの遊びに参加する

・同窓会に参加する

・会社の同僚などとご飯に行く

・習い事を始める

・SNSを利用する

男友達の作り方としては、これらの方法がおすすめですが、もしも友達に紹介してもらえるならば事前に双方の好み(どんな友達が欲しいのか)を確認した上で会ってみましょう。

彼氏と男友達のみのどちらが自分に合っているかを良く考えて、判断してみてはいかがでしょうか?

関連ページ:【男友達 彼氏】彼氏がいるのに男女グループで遊ぶ心理

関連ページ:【男友達と遊ぶ】大学生の男女で遊びに行くスポット

関連ページ:【男友達 距離感】距離感近い異性の友達 男女程よい距離感

関連ページ:【飲み友達が欲しい】異性の飲み仲間募集・作り方

タイトルとURLをコピーしました